悲鳴

お昼に、カミさんと行きつけのステーキ屋に行き、カミさんは写真展を見にアートプラザへ、私は帰宅した。
帰宅して、勉強していると、カミさんがしばらくして帰宅。
その数分後、「ギャー、パパ来て―。」と悲鳴。
見ると、床に蜂と思しき昆虫がおり、カミさんは鼠径部を刺された模様。
とりあえず、蜂を何とかせねばと、クイックルの紙をつけてない状態の底部で潰した。
幸い、それほど深刻な刺され方ではなかったらしく、そんなに腫れず、その後、ムヒEXを購入して塗布したら治ったらしい。
因みに、倅は朝から遊びに行っており、娘は卓球の合宿。
私とカミさんの2人の時の出来事。
晩御飯は、倅は食べて18時40分ごろ帰宅し、私とカミさんは想夫恋で日田焼きそば
そんな一日。