うどん

昼休みに、都町の行きつけではない方のうどん屋(中央町でもない方)に久しぶりに行った。
うどんが進化していた。
添えられていた削り節が、出汁とマッチするようになっていたのだ。
以前は余計だなぁと思っていたものだが。
そのまま楽しむのも、削り節が加わった濃厚さを楽しむのも自在。
一杯で2度おいしい。
いやもう、これは都町の方より明らかにこっちが好み。
ごぼう天もこちらの方が好みだし。