ふぐ

T川君のために、ふぐの会が催された。
大分の支社に赴任して3年弱で、未だに大分でふぐを食べていないとの話が発端だった。
H課長や、A田君もこの会に参加する予定だったが、折り合いがつかず、私、F市さん、I田さん、そして、飛び入り参加のグループ会社K氏がT川君を囲むこととなった。
都町の某料亭で、大いに楽しんだ。
T川君が、オーバーアクション気味に喜んでいたのは、演技か真意か計りかねるところだが、少なくとも不味くはなかったようなので良かった。