ちょっと調子に乗ってないだろうか?

塩村文夏都議。
なるほど、セクハラ野次だと言えばそうだろう。
犯人捜しをやって吊し上げるのも、ここのところ全く見せ場のない「みんなの党」にとってみれば格好の舞台だろう。
しかし、海外特派員協会での記者会見は、いやしくも日本の首都、東京の都議が、世界に向かって日本の評判を落とす行為に他ならないように見受けられる。
まあ、自身の売名のためなら国家の評判などどうでもよい、というレベルなのかなと私は思った。
アホサヨクのフェミと全く異ならん調子に乗った大馬鹿、まあ、私の評価はこんな感じ。
しかし、そもそも、議会のあの場で、野次に対して気の利いた返しをするぐらいの胆力はなかったのかな、このおばちゃんは。