痛いオバサン、江川紹子(笑)

「私は有罪と無罪の両方の情報が必要だと考え、これまで意識的に片山被告の無罪につながるような情報も発信していたが」というくだりは、あの360度どこから見てもオタクの、気味が悪い片山祐輔の事件についてのことだ。神奈川新聞ごとき上がりの、3流売文屋が、言論のバランサーを自認するとは、片腹痛い。55歳にもなって語尾に「にゃ」とかつける痛いおばはんは、単なるリベラル気取りの、実のない左打者として唾棄すべき人物であろう。きんもいなぁ(笑)。