VISTAについて

sp2までを適用して、あとは微調整。
問題点は、UACのせいでいくつかのソフトが止まってしまうこと。
benesseの英語教材BE-GOは管理者権限で実行のオプションをつけることでOKだったが、govotte ramdiskがどうしてもクリアできず、UACを切ることに。
起動のつど、毎回、いちいちramdiskとしてフォーマットするわけにもいかないし。
まあ、解決策が見つかるか、他のramdisk作成ソフトで対応できればUACを復活させよう。
また、あるゲームは、セーブデータが持ち越せず、一からスタートに。
このゲームは、私のメインマシンでも最初、同じことが起きたのだが、windows8では、32bit用のprogramfileフォルダに入れることで解決した。
VISTAでも似たようなことをしてみたが、クリアできなかった。
一番手こずった問題は、ipgファイルをwindowslivephotoviewerで、読み込めなかったこと。
結局、UACのせいでramdisikが立ち上がらず、tempフォルダが存在しなくなったせいだったが、これが焦った。
写真鑑賞のソフトとしては、従前のnero10のkwikより使い勝手が良いので、これはVISTAにして良かった点。
まだまだ問題があるが、カミさんと倅が使う分には、十分な環境になり、むしろ、彼らの体感ではXPからの移行のメリットがいくつかあるらしく、喜んでもらえて何より。