今週忙しくて、馬鹿にかまってる暇がなかったんだけど

ちょっと古い話題で恐縮ですが、まあ、安定の民主クオリティってことで、ふれておこうかと思います。
今週、忙しくて、リアルタイムで馬鹿にかまう時間がなかったんですよ。


★「民主党は消えてなくなっていいのか」
民主・細野幹事長

細野豪志民主党幹事長

 アベノミクスで株が上がって円安になり、景気が
良くなっているからと言って、我々が安倍晋三首相に
遠慮する姿勢であっては絶対にならない。
正面から徹底的に論争をし、民主党の存在を示したい。
それは簡単なことではないと思う。民主党は(議員の)
数も少ないし、政党支持率も低い。
しかし、本当に民主党は要らないのか、消えてなく
なっていいのか。生活者の立場で政策をつくる政党は
なくていいのか。改革政党として、物事を変えていこうと
いう政党がなくなっていいのか。私は違うと思っている。
滋賀県彦根市での集会で)(朝日新聞


民主・小川元法相「アベノミクスの起源は民主党
国会では18日から、今年度の補正予算案について参議院
予算委員会での質疑が始まった。
民主党は小川元法相らが質問に立ち、安倍政権の掲げる2%の
物価上昇目標について、民主党政権が進めていた金融政策との
違いをただした。

 小川元法相「安倍首相は大変に大胆な2%の物価目標という
デフレ対策、この金融緩和政策を始めたかのように、これまで
ずっと喧伝(けんでん)されていますが、この実質は民主党政権時代、
2010年からずっとやってきたことを、ただ単にそのまま続けて
いくということだけじゃないですか」

 安倍首相「画期的な違いではないとは、私は言えないのでは
ないか。私はもともと謙虚な人間。こういうことはあまり言わない
方ではありますが、これは明らかに違う。違うからこそ市場が
反応しているんだろうと思う」

 また、安倍首相は、日銀・白川総裁の後任人事については
「私と同じ考えとデフレ脱却に強い意志と能力を持っている人に
お願いしたい」と述べるにとどまった。

 政府・与党は補正予算案を安倍首相が訪米する21日までに
成立させることを目指しているが、民主党など野党側は、十分な
審議時間が必要だとして21日までの採決には応じない構えを
見せている。
日本テレビ系(NNN) 2月18日(月)13時52分配信

モナ王細野豪志は、民主党は消えてなくなっちゃいけないと思ってるみたいですが、それはあくまでも、お前の腐った脳内での妄想です。周囲の方はかわいそうなモナ王不倫細野豪志君に、現実ってやつを教えてあげてください。あるいは、心療内科あたりに連れて行ってあげてください。さすがに、同窓の細野君に、あの腐った性根にふさわしいみじめな死に方をした永田君のようになっていただくのは忍びないので。
えーと、小川元法相でしたっけ?正直、そんな人いましたっけってな感じで、まったく印象に残ってなかったんですが、起源主張!
安定の民主クオリティですね!成果が出るまでは批判をし、成果が出たら俺の手柄ってやつですか?さすがです!期待を裏切らない!
そこにしびれない、あこがれない!お前のところの首魁だった野田とかいう嘘つき豚はどんな鳴き声でブーブー鳴いていやがりましたか?

野田首相 安倍氏金融政策は「邪道 禁じ手だ」

 野田佳彦首相(民主党代表)は3日、内閣記者会の
インタビューで、日銀と政策協定を結び2%のインフレ目標
設定するとの安倍晋三自民党総裁の金融政策について「日銀に
ファイナンス(資金調達)させる手法は邪道、禁じ手だ」と
批判した。

 衆院選で比較第1党を目指す考えを重ねて示し、民主党政権
継続に意欲を表明した。

 日本維新の会日本未来の党など第三極勢力の公約については、
原発政策を例に挙げ「理念や方向性がよく見えない」と指摘した。

 比較第1党を確保できなかった場合の自身の進退については
「負ける前提で話をするのは同志に申し訳ない」と言及を避け
「目標を達成し責任を果たす」と繰り返した。

 また自身は衆院千葉4区と比例代表南関東ブロックで
重複立候補すると表明。「退路の断ち方はいろいろある。
(重複立候補の是非は)形式論だ」と強調した。

 報道各社の世論調査で首相適任者として安倍氏が上回っている
事態に関し「(差は)縮まっている。最後は並び、抜きたい」
と自信を見せた。
(スポーツニッポン)[ 2012年12月3日 11:44 ]

まあでも、小川元法相とやらの頭のなかで、「ぼくちんたちがやっていたことと、いま、じみんとうがやっていることはいっしょだもん!」ってことになっているんなら、批判したり、審議拒否したりしなくっていいわけですね!