嘘つき豚とモナー細野(不倫野郎)


野田首相「守れる公約つくる」=マニフェスト
未達成を陳謝−民主政策報告会スタート

民主党は10日、大阪、福岡両市で「政策進捗(しんちょく)
報告会」を開き、2009年衆院選マニフェスト政権公約
に掲げた主要政策の現状を総括するための有権者との対話
集会をスタートさせた。福岡市の会合には野田佳彦首相が
出席し、「できたもの、できなかったものがあることを
率直に認める」とした上で、次期衆院選の公約について
「反省しながら、より現実感のある、精度の高い、約束が
守れる内容のものをつくりあげたい」と訴えた。
 報告会は、未達成の公約に関しては国民に陳謝する姿勢を
明確にした上で、参加者から出た意見を次の公約づくりに
反映させるのが狙い。首相が年内も含め衆院解散時期を
探る中、衆院選に向けた態勢整備の一環でもある。
 福岡市の会合には約160人が参加。冒頭、無駄削減に
よる16.8兆円の財源捻出や高速道路無料化などの公約が
実現していない一方、公約に記載のない消費増税を決めた
ことを細野豪志政調会長が説明するビデオを上映した。 
 出席者からは、消費増税に関して「野田首相の話が粗くて
雑だ」との指摘や、公約の目玉だった子ども手当について
「手当て支給より、子どもがつくれるように雇用を創出する
方が先だ」といった意見が出た。民主党内には「公約に
具体的な数字を盛り込みすぎた」との反省もあるが、
会場からは「民主党民主党らしく、政策の数値目標や
年次、手順を明記すべきだ」と求める声も出た。
 これに対し、首相は「次の選挙を考えれば消費税を
上げない方が良かったかもしれないが、われわれは次の
世代のことを本気で考える党だ」と強調。「奇策はない。
国民が納得できるマニフェストをもう一回掲げて戦って
いく」と述べた。
 大阪での報告会には細野氏が出席し、「3年間懸命に
努力してきたが、できていない部分がある。改めて
心よりおわびしたい」と陳謝。会場からは「民主党
うそつきだ」という厳しい意見が出た一方、「民主党
成し遂げたプラス面もアピールすべきだ」という指摘もあった。
 民主党によると、政権党が公約を検証する対話集会を
開くのは初めて。報告会は18日まで、大阪、福岡を
含め全国11カ所で開かれる。(2012/11/10-17:56)
(時事ドットコム

また、次も騙す気マンマンってことなのかなあ。
まあ、こんな報告会なんてものに足を運ぶのは、今やサヨクのキ○ガイだけなんだろうから、
仲間内で和気藹々とやってたのかもしれませんね。
ところで、今後、オオカミ中年が何を言っても信じてはいけないと思うんですよ、あ、いや、オオカミじゃなくて豚か(笑)。
ついでに、もうひとつ。アメリカではCIA長官が不倫で辞任したそうだけど、職員にこんな書簡を残したそうな。「不倫という極めて愚かなことをした。夫としても組織の指導者としても、容認されることではない」
政治家は、そこんとこ、どうなんでしょう。
教えて!モナー細野さん。