VIERA X3

今更だが、一世代前の液晶テレビを購入した。
子供たち用にVHSやDVDのモニターとして使用していた21型ブラウン管がついに不具合に見舞われるようになったからだ。
いきなりプチュンと消えてしまうことがあり、こりゃあもう寿命だな、と判断した次第。
それで、既存のDVDプレーヤーとVHSのビデオデッキを活用するためには、音声のコンポジット入力が2系統必要だったわけだが、現行のX5だとこれが1系統しかないのだ。
さて、その他の機種選択の材料としては、せっかくなので、Panasonic同士でお部屋ジャンプリンクを使いたいということ。
しかし、主な用途はVHSとDVDの再生用モニターなので、そんなに高機能なものでなくていいわけだ。
結論としてお部屋ジャンプが使える中で、もっとも低価格なものということで、Xシリーズに落ち着いた。
それで、一世代前のX3なら、コンポジット入力は2系統だったというわけ。
今日届いて、諸々のケーブルを配線し、さらに、用意していた無線LAN子機*1も繋いだ。
DVDが綺麗に再生され、DIGAとのお部屋ジャンプでテレビ番組や録画した番組も問題なく映った。
取り回しの関係で、今回のテレビには直接アンテナ線を繋がない判断をしたため、どうしてもお部屋ジャンプが必要だったのだ。
まあ、意図したとおりの成果が出てよかった、と思っている。

*1:Xシリーズは基本が有線LANのみなので、別途、無線LANの中継機や子機を兼ねる端末を購入していた次第