乞食・・・


熊本市が毎月1日に支給している生活保護費について、
「4月分は2日支給」という事前周知が遅れたため、
前倒しで受け取れると思った受給者から30日、市に
抗議の電話が殺到した。

 保護1課によると、通常月は1日が土日祝日の場合、
前倒しして前月末の金曜日に口座振り込みや市役所窓口で
支給している。しかし、4月だけは年度をまたぐため、
2日以降の平日に支給している。

 市は3月中旬、「4月分の支給日は2日(月)です」
というお知らせを郵送したが、年齢や家賃、収入などに
変更があり支給額が変わる世帯には、決定通知書と一緒に
郵送したため28〜30日にずれ込んだという。

 同日の抗議や苦情は約200件。同課は「決定通知書を
待たずに早めに周知すべきだった。受給世帯には大変な
迷惑をお掛けし申し訳ない」と話している。2日に保護費を
窓口で受け取る場合は住所地の区役所保護課になる。

 「お知らせ」が30日に届いたという無職女性(50)は
「恥を忍んで家賃の支払いを2日まで待ってもらい、友人から
食費として3千円借りた。生活保護世帯にとって支給日の遅れは
死活問題であり、まさにお役所仕事そのもの」と憤っている。

 同市の生活保護受給世帯は約1万1千世帯。
(くまにちコム)

要するに、乞食が恵んでくださる方に文句言ってるって図式で合ってる?
まあ、公務員が恵んでるわけじゃないか(笑)。
しかし、「恥」という意識はどの方向に向いているんでしょうね。
本当に病気で働けないとか、偽装ではなく母子家庭の場合とか、生活保護については、支給要件のチェックを厳しくしてほしいですよね。
税金なんだから。
現物支給ってのもアリですよね。健康で文化的な最低限度の生活を保障すればいいんですものね。
209万人も受給者がいて、みんながみんな働けないわけじゃないでしょうに。
受給者の方々の中に、こんな態度の人がいると思うと、ゲンナリします。
支給しないと犯罪を犯すような人もいるんだろうから、塀の中で経費をかけるか、塀の外で経費をかけるかの違いだと、なんとか自分を納得させようとはしています。いや、こんな考え方は私自分を納得させるための方便に過ぎませんが。
まあ、結論として本当に必要な人にだけ渡るようにして欲しいっていうのは切なる願いです。