器じゃなかったということ。まあ、国民を騙して政権を盗んだ輩の頭目だったってだけの人だからね。

george1012012-02-28







★パニックと極度の情報錯綜 「やめた方がいいですよ」 枝野氏は
菅首相にダメ出していたが…

 福島原発事故独立検証委員会民間事故調)の報告書から
浮かび上がるのは、「パニックと極度の情報錯綜(さくそう)」
(報告書)に陥り、「テンパッた」(同)状況となった当時の
菅直人首相や官邸中枢が、現場に無用な混乱を招き、事故の危険性
を高めた実態だ。調査の結果、菅氏による「人災」が証明されたといえる。

 「厳しい環境の中でやるべきことはやった。一定の達成感を感じている」
 菅氏は昨年8月の首相退陣表明の記者会見でこう自賛した。だが、報告書が
指摘するのはむしろ、やるべきでないことばかり繰り返した菅氏の姿だ。

 報告書によると菅氏が東日本大震災発生翌日の3月12日早朝、
東京電力福島第1原発を視察することに、当初は枝野幸男官房長官
(当時)も海江田万里経済産業相(同)も福山哲郎官房副長官(同)も
反対だった。

 ところが、「言い出したら聞かない」(報告書)菅氏は視察を
強行する。視察に同行した班目春樹原子力安全委員長は現地に向かう
ヘリ機中で種々の懸念を説明しようとしたが、菅氏は「俺は基本的な
ことは分かっている。俺の質問にだけ答えろ」と聞く耳を持とうと
しなかった。
 また、菅氏は第1原発に代替バッテリーが必要と判明した際には、
自分の携帯電話で担当者に「大きさは」「縦横何メートル」「重さは」
などと質問し、熱心にメモをとっていた。同席者は「首相がそんな
細かいことまで聞くというのは、国としてどうなのかとぞっとした」と
述べたという。

 菅氏が官僚機構に不信を抱き、セカンドオピニオンを求めるために
3月中に次々と6人もの内閣官房参与を任命したことには、当時から
メディアで「船頭多くして船山にのぼる」という批判が強かった。
この点について枝野氏は事故調に「常に『やめた方がいいですよ』と
止めていました」と証言した。官邸中枢スタッフもこう述べている。

 「何の責任も権限もない、専門知識だって疑わしい人たちが
密室の中での決定に関与するのは、個人的には問題だと思う」

菅氏が原発事故の初期段階以降も他の閣僚や事務レベルに適切な
権限委譲を行わず、引き続き直接的な関与を続けたことへの批判も
指摘されている。

 「(政府と東電の)統合本部の士気を低下させるから、なるべく
菅さんが出てこないように言ってほしいと何人かから頼まれた」
 これは官邸スタッフの言葉だ。同様の証言は報告書を待つまでもなく、
当時から枚挙にいとまがない。

 報告書は「菅首相の個性が政府全体の危機対応の観点からは混乱や
摩擦の原因ともなったとの見方もある」と指摘する。ただ、これは
「前首相」に一定の配慮を示した控えめの表現だろう。(阿比留瑠比)
(産経ニュース)

まあ、人災というか、むしろ「菅災」とでも言うべきものだったということなのかな。