Y下女史

アフターファイブに、本社のY下女史を囲んでの食事会。
Y下女史は、本社における支社の支援チームで、ウチの支社の担当である。
今日、ボスとの打ち合わせがあり、ウチの支社に来ていたので、食事会となった次第。
ボス、K課長、H課長、Y先輩、私とおっさんばかりで、Y下女史は紅一点。
ボスは、ウチの支社の女性陣に声をかけていたのだが、残念ながら掴まらず、急遽、補充要員としてY先輩と私に声がかかった訳だ。
しかし、おっさんの中で一番若い私でも、Y下女史とは一回り以上違うわけで、Y下女史には罰ゲームみたいなものじゃないかと懸念したわけだが、各支社でおっさんと渡り合っているY下女史は、見た目楽しそうにしていた・・・気がする。
大したものである。