法律を守らない法務大臣


死刑執行、19年ぶりゼロ…未執行最多129人

執行が今年は1度も行われないことが28日、確定した。

 執行ゼロの年は1992年以来、19年ぶり。
法務省は、後藤田正晴氏が法相だった93年に約3年4か月ぶりに
執行を再開して以来、年に1度以上の執行を継続してきたが、
民主党政権下で執行に慎重な法相の就任が相次いだことなどにより、
その運用が途絶えた。

 刑事収容施設法は、12月29日〜1月3日は死刑を執行しない
と定めており、28日も執行の動きがないことで、年内の執行は
できなくなった。同省によると、27日現在、未執行の確定死刑囚は
戦後最多の129人で、昨年末の111人より18人増えた。

 刑事訴訟法は「法相による死刑執行の命令は判決確定の日から
6か月以内にしなければならない」と定めているが、実際には
執行の時期や対象者は法相の判断に委ねられている。
(2011年12月28日13時49分 読売新聞)

今の法務大臣が誰だかよく知らないけれど(笑)、きっと「加害者のジンケンが大事!」って感じのジンケン弁護士なんでしょうか(笑)。
いや、本当に、知らないんですよ、今の法相が誰かなんて(笑)。
いや本当に(笑)。
判決確定後6ヶ月を越えた死刑囚の生活費用一切は、法務大臣のポケットマネーで賄うって決めたら、今すぐに執行手続き取るんじゃない?
まあ、それでも平岡さんなら、自腹を切ってでも執行命令は出さないってか?
しかし、法務大臣の務めを果たす気がないんなら、そもそも、受けるなよ法務大臣の職を。
本当にサヨクはカルト並に気持ちが悪いですね。