ハングリータイガー

今日、初めて、日野のハングリータイガーに行った。
いつも混んでいて、いつか1回行ってみようと思っていたのだ。
昼食にハンバーグが食べたい、と倅が言ったので、よし、それなら、というわけだ。
清潔そうに見える店内、天井も高くて開放感がある。
店員さんの動きも、well-trainedな感じだった。
しかし、運ばれてきたライスの皿の底に、びっしり米粒が張り付いていて、一気に冷めた。
オニオンコンソメスープがおいしかっただけに、なんか、残念。
食べてみたハンバーグも、肉の味がしてまずくはないのだが、この味ではコストパフォーマンスを疑わざるを得ない。
牛100%だからと開き直っているのか、パサパサだし。肉肉しさは評価に値するにしても。
二度とは行かないだろう。
客の入りは良いようだが、はて、ステーキを食べたら印象は変わっていたのだろうか?
しかし、ファミレスでステーキを食う気にはならんもので。
もう今はやってないのかもしれないが、昔ステーキハウスハマでやっていた1,500円ぐらいのハンバーグランチは絶品だったなあ、と思い出した次第。