自治労は民主党の支持団体ですものね、公務員様に逆らえるわけがない


朝霞公務員宿舎建設「変更するつもりない」野田首相が明言
2011.9.26 16:30

 行政刷新会議事業仕分けでいったんは凍結された埼玉県朝霞市
国家公務員宿舎の建設工事が今月1日に始まり、「復興資金に回す
べきだ」と住民から批判を浴びている問題について、野田佳彦首相は
26日の衆院予算委員会で、「いまは特段変更するつもりはござい
ません」と建設計画の見直しは行わない方針を示した。自民党
塩崎恭久官房長官への答弁。

 予算委で塩崎氏は、東日本大震災の被災地では仮設住宅
入居率がまだ100%に及んでおらず、台風15号の暴風雨で
入居前日に浸水した仮設住宅があることなどを指摘。「なぜこの時期の
建設なのか。先進国G7で公務員や国会議員宿舎があるのは日本だけ。
いますぐストップし、復興資金に回すべきだ」などと追及した。

 これに対し、野田首相は「全体的な宿舎の見直しはやってきている」
などと弁明。「そうした事情を含めたうえでの判断だった」として
計画を見直すつもりはないことを明言した。野田首相は、建設再開を
決めた際の財務相だった。

 問題の宿舎は鉄筋コンクリート13階建て2棟(全850戸)で、
総事業費は105億円。21年11月の事業仕分けでは、当時仕分け人を
担当した枝野幸男経済産業相らが「公務員に宿舎を提供しなければなら
ない合理性はない」などと凍結を決めており、地元住民らが工事の
中止を求める要望をしている。

 また、この日の予算委では安住淳財務相が、宿舎建設は朝霞市内の
公務員宿舎12カ所1067戸を廃止したうえで行うことや、新宿舎の
うち550戸は独身者向けであることなどを説明。「私もNHK時代には、
給与では生活できず社宅に住んだ。多少宿舎の便宜供与もあってしかる
べきだと思う」などと述べたほか、「私の地元(宮城5区)では仮設住宅
ほとんど建設が終わっている」などと説明した。(産経ニュース)

堂々と仕分けして、こっそりと凍結解除。
現首相の野田さんが財務大臣のときにやったわけです。
公務員さまには逆らえません、自治労万歳!って感じですよね。
これで、まあ、よく2009マニフェスト公務員制度改革を謳えたものです。
まあ、もともと守る気のない約束なら、なんとでも言えるってことだったんでしょうか。
また、安住さんのように、NHKの高い給与で社宅でないと生活できなかった人って経済的に破綻してる気がするんですが。
こんな経済感覚しか持ち得ない人に、国の財務を任せることの不安は計り知れませんね。
あと、「私の地元(宮城5区)では仮設住宅はほとんど建設が終わっている」・・・ふーん、それはなんですか?閣僚になるような俺様の地元は、優先的に整備が進んでいるんだぜ!って自慢ですか?本当にアホですか?
さすがは早稲田のシャガク出身は賢いですね。
さっさと財務大臣を辞めて、小学校のプールにガソリンを備蓄する活動に戻ったらいかがですか?