今更ですねw


★「普通の人以下の能力」 大学学長が菅首相をクソミソ

・「菅首相は、普通の人の能力以下の人」。テレビの
 情報番組で、島田晴雄千葉商科大学長がこう酷評した。

 2011年7月11日朝放送の「みのもんたの朝ズバッ!」
(TBS系)で、島田氏(労働経済学)は、菅首相の主導で
決まった原発ストレステストをめぐり、厳しい菅首相評を
一気にまくしたてた。

 ストレステストを原発再稼働の条件とする菅首相の発想は
 誤りだとして、島田氏は、菅首相について「ちょっと聞いたら
ハイって言っちゃう人」と話した。人から聞いた意見を深く
検討することなく、そのまま自分の意見として公表してしまう
人物、ということのようだ。
 さらに島田氏は、菅首相について
 「ほとんど普通の人の能力以下の人ですから」と続けた。
厳しい言葉使いにスタジオ陣が少しざわめくと、島田氏は
「はっきり言っとくよ、国民に。(菅首相は)普通の人以下の
能力です」と繰り返した。

 酷評はまだ続いた。菅首相は、自分がいなければ日本が
ダメになると信じているため、「余計に危険」。「困った人を
(首相に)選んだ」とも解説した。

 あまりの酷評ぶりを受け、小林悠アナが「大変厳しい言葉が
ありましたが…」と、司会のみのさんや他のコメンテーターに
フォローを促すかのような言葉をはさんだが、島田氏の迫力に
押されたのか、みのさんは、島田氏にツッコミを入れることも
なく、周囲に目を泳がせているだけだった。画面はほどなくCMへ
移った。

 鳩山由紀夫・前首相から一時は「ペテン師」呼ばわりされた
菅首相だが、基本的能力をここまでさげすまれたことはなかったかも
しれない。民主党内では、官邸に籠城してでも菅首相を引きずり
下ろそうとの動きも出てきたと指摘されている。(TBS)

私のブログで、民主党を取り上げなくなったのは、民主党に対して世間がまっとうな評価を下すようになったからだ。
松本龍なんて、九州男児の面汚しも、まっとうな評価を得ているようだし、菅首相に対してもこの様子。
もう、私が自身のブログを、このような穢らわしい、人非人な連中のことを書いて汚すこともないんじゃなかろうか。
それに、もし菅首相が、蔑まれたり、罵られたりすることに喜びを覚える特殊な性癖でももっているなら、喜ばせるだけだものね。
ホントに、これだけ罵られても辞めないってのは、そういうことなのかしらん?
とにかく、後世の歴史家は、「とんでもない低能が、日本の首相をやったり、やくざまがいのおっさんが大臣なんてやったりという常軌を逸した時代が日本に存在した。」という歴史の真実を未来永劫に語り継ぐことになるんだろうな。