やはり、民主党による人災のようです


米「菅政権の反応が鈍い」…支援提供打診も

読売新聞 4月1日(金)8時44分配信
 
「もっと我々を信用してほしい」

 福島第一原発事故への対応を巡り、米政府関係者は
民主党幹部の一人に最近、こうもらした。米国は当初から
強い危機感を持ち、原子炉冷却のための様々な機材や人員の
提供を打診したが、米側は「官邸側の反応が鈍い」と感じ、
「菅政権には米国への不信感がある」との臆測も呼んだ。

 29日付の米紙ニューヨーク・タイムズによると、
米原発業界は極秘に発電機やポンプ、ホースなどの
冷却機材一式を備蓄しており、いざというとき米空軍が
全米どこでも運搬する態勢になっている。テロ攻撃などで
機能不全に陥った原発の安全確保が目的で、2001年の
米同時テロ以後に態勢が整えられたという。

 クリントン国務長官地震直後、「在日米空軍の装備を使い、
冷却材を日本の原発に運ばせた」と発言したのは、これに
関連しているとみられる。しかし、日本側は「水なら海に
いくらでもあるが……」(日本政府関係者)と危機意識が薄く、
結局、この緊急計画は発動はされなかった。

結局、危機意識の薄い、自称「原子力に詳しい」白痴宰相のせいで、アメリカの支援を十全に生かせなかったということですね。
いや、本当に
『東電福島第1原発については、現在の段階ではまだ十分安定化したというところまでは立ち至っていない。精いっぱい努力している。長期戦も覚悟して必ず勝ち抜くという覚悟で臨む。(4月1日の会見)』
なんて、どの面下げて言えるんでしょうか?エイプリルフールのつもりだったんでしょうか?
自分の判断のせいで事態が悪化していることも理解できないほどの知能しか持ち合わせていないのか、それぐらいはわかっているけど責任を認めたくないので、必死にごまかそうとしているのか、私はむしろ、菅首相は前者なのかと疑い始めたところです。