菅首相のお仕事


被災者「総理に来てもらっても何も変わらない」

津波発生から約3週間後に岩手県陸前高田市を訪れた
菅首相の視察に、避難所暮らしが長引く被災者たちの
反応は様々だった。

 同市の仮庁舎が設置されている市学校給食センター
達増拓也知事、戸羽太市長から現状報告を受けた
首相は、避難所が設けられている市立米崎小へ。
首相は、体育館内の約30か所の居住スペースで
避難生活を送る住民らに「最初は物資が届かなかった
と思うが……」などと声をかけ、被災者を見舞った。

 首相の視察について、被災者の女性(72)は、
「今、総理に避難所に来てもらっても何も変わらない。
国には元々期待していません」と語った。

 88歳の母と避難所で暮らす主婦(60)は
「とにかく、仮設住宅でもいいから家が欲しい。
総理には実際に避難所を見て、寒さや大変さを
感じてもらいたい。今日の視察を支援につなげて
ほしい」と話した。
(2011年4月2日12時30分 読売新聞)

「今、総理に避難所に来てもらっても何も変わらない。国には元々期待していません」
(追記)

NHKラジオ 被災者「菅の視察はすごい迷惑だった」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14039027

男性「まあ、一応・・・『来てくれた』っていうところは、
まあ、嬉しかったですけど」
女性「菅総理にお願いしたんだけど、『頑張ります
頑張ります』どのくらい頑張ってくれるのか
(他の女性「みなさんも頑張って下さいってねえ」)
どのくらい期待したらいいんだか
この到着する事によって『会場を綺麗にしてください』とか、
これは・・・ちょっと(「ちょっとなあ〜」)
『車を整理してください』とか、なんでこの今大変な時に
そんな体裁を作んなきゃなんないのかなあ〜と思って、
ちょっと、これは意外でした」


やはり迷惑以外のなにものでもなかったようです。
菅首相・・・。
被災地の邪魔をするというお仕事に精励するのはもう、勘弁していただきたいですね。
(さらに追記)

首相、避難所滞在は20分 「何をしに来た」と冷たい声も

固い床に体育用マットと毛布が敷かれた避難所を後にした
菅首相に、住民は「正直言って、何をしに来たの」と
冷ややかな目を向けた。2日、岩手県陸前高田市の市立米崎小を
訪れた首相の視察は約20分。「もう少し前に見てほしかった」。
東日本大震災発生から3週間以上たっての視察に不満も漏れた。
 菅首相は青い作業着姿で、自衛隊が入浴サービスをしている
グラウンドにバスで着いた。米崎小には約160人が避難するが、
壊れた自宅の後片付けに出ている人が多く、体育館にいた約60人の
表情にも疲労の色が濃い。首相は館内を1周し、半数ほどの住民に
声を掛けて回った。
 「どれくらい被災者の状況を見てもらえたのか」。両親と3人で
避難する漁師佐藤一男さん(45)の表情は厳しい。「まだ電気や
水が通っていない避難所もある。遺体の捜索すら手を出せない人も
いる。そっちに気を向けて」と話した。
 首相と握手を交わした千葉レイ子さん(60)は「菅さんは
テレビで見るより優しい感じ。手も温かかった」と話す。
仮設住宅建設の要望に「全力を挙げている」と応じた首相の姿勢に
「一番の長の言葉なので心強い」と期待した。
 両親と一緒に避難している米崎中3年の菅原祐希さん(14)と
話した首相は、学校の始まる時期や校舎の被害を心配していたという。
米崎中の校舎にはひびが入り、今は遺体安置所になっている。(共同通信)