マッチポンプ?

george1012011-04-01


大きな夢を持った復興計画を進めていきたい

 先ほどの持ち回り閣議で、今回の震災について
東日本大震災と呼ぶことを決定した。改めて犠牲に
なられた皆さま、ご家族に心からお悔やみを申し上げ、
被災された皆さんにお見舞いを申し上げたい。

 さらには、世界から多くの支援の申し出を受け、
ご支援いただいていることも改めてお礼申し上げる。

 今年度予算は成立したが、最優先すべきは被災者の
支援だ。予算の一部を執行停止して、被災者支援に充てる
補正予算の準備に入りたい。補正予算は何段階か必要に
なると思っていて、がれき処理仮設住宅、雇用の確保を
第一弾として準備したい。

 素晴らしい日本をつくっていく大きな夢を持った
復興計画を進めていきたい。山を削って高台に住むところ、
海沿いに水産業バイオマスを使ったエコタウンをつくる
などだ。

 (復興に必要な財源についても)一部は今年度予算の
一部凍結などを振り向ける部分もあるが、それだけで十分で
ないことは明らかだ。場合によっては与野党協議の中で
議論を進め、合意形成を図りたい。(野党にも)できれば
力を借り、ともに計画を立てていく形が生まれてくることを
期待し、切望している。

 東電福島第1原発については、現在の段階ではまだ十分
安定化したというところまでは立ち至っていない。精いっぱい
努力している。長期戦も覚悟して必ず勝ち抜くという覚悟で
臨む。安心できる態勢に戻していくことを約束したい。
(産経ニュース)

「長期戦も覚悟」とは、長期戦になる要因となった、視察パフォーマンスをした方が言っていい言葉ではないでしょう。
視察パフォーマンスだけでなく、当初はアメリカ軍の支援もはねつけて、積極的に長期化させようとしていたかのような菅首相でしたが、長期戦になるように仕向ければ、その間、政権を維持できると考えるほどの知恵があるとも思えませんので、マッチポンプではなかったのだと思います。
単に馬鹿だったからこそのパフォーマンスだったんだと思うのですが、まあ、その後もあまりに馬鹿な行動ばかりなので、アメリカやフランスが「こんな馬鹿に任せておいたら、北半球全体がやばい。原発推進もできなくなる。」と本気になってくれたんだとしたら、馬鹿と鋏は使いようという見本になったのかもしれません。たまには、菅首相も役に立つということでしょうか。
今後もし、大連立という話になったら、もう、お役御免にしたほうが、国益だと思いますが。
しかし、菅首相に「安心できる態勢に戻していくことを約束したい。」なんていわれると、かえって不安になりますね。
民主党の「約束」なんて、守ってもらえる気がしませんものね。
2009詐欺フェストという「実績」がありますから。