仕分けしたらいかがでしょう?


民主党がお揃いの防災服新調 党内から
「パフォーマンスしている場合か」の声

東日本大震災を受け、民主党は国会議員や秘書が
着用するおそろいの防災服をあつらえることを決めた。
右腕には「民主党」の文字と、赤い丸を2つ重ねた
同党ロゴマークが入るデザイン。党総務委員会が議員に
配布した「党防災服購入のご案内」によると、色は濃紺。
サイズはSSから5Lまで8種類を用意し、金額は5千円
程度。4月中旬に配布する予定だ。

 防災服をめぐっては、閣僚が各省庁の防災服姿で
国会答弁している姿についてすら、「現場に行くわけでも
ないのにわざとらしい」(若手)との声もある。遅まきながら
形から入ろうとする民主党らしい取り組みにも、党内から
「パフォーマンスをしている場合か」(中堅)と
冷ややかな声が上がっている。(産経新聞

こういう無駄遣いこそ、蓮舫さんや枝野さんに仕分けしていただきたい。
『明日来るのか100年後に来るのか200年後に来るのか来ないのかわからない対策費を使うのは無駄遣い』 とか、
津波なんて実際に来るまでに時間差があるからその時間でできる対応をすれば済むこと』といって
災害対策予備費 ・学校耐震化予算 ・地震再保険特別会計を仕分けしたみたいに。