遅すぎる


原発事故 米の協力得て対策へ
3月30日 19時9分

福島第一原子力発電所の事故について、政府は、事態を
深刻視しているアメリカ側の協力を得て、対策に全力を
挙げる方針で、各省庁の担当者に在日アメリカ軍なども
加わった4つの作業チームを総理大臣官邸に設置して、
事態収拾に向けた具体策の検討を本格化させています。

福島第一原子力発電所の事故を巡っては、周辺の海水から
高濃度の放射性物質が検出されているほか、1号機から
3号機で高い濃度の放射性物質を含む水が見つかるなど、
予断を許さない状況が続いています。アメリカ政府は、
今回の事故について深刻な事態だと受け止めており、
無人偵察機「グローバル・ホーク」で原発の上空から
撮影した写真の分析に当たるなど、日本政府に対し、
全面的に協力することを伝えています。これを受けて、
政府は、福山官房副長官や細野総理大臣補佐官をトップに、
原子力安全・保安院経済産業省などの関係省庁の担当者に、
在日アメリカ軍、それにアメリカの原子力規制委員会などの
担当者が加わった、4つの作業チームを総理大臣官邸に
設置しました。作業チームでは、▽漏えいが続いている
放射性物質を空中や海中に拡散させないための方策や、
▽作業員の被ばくを避けるため、原発敷地内で遠隔操作の
無人機器を使って作業できないか、また、▽核燃料棒の
処理方法や、▽原発周辺の住民の生活支援などについて、
検討を進めています。関係者によりますと、これまでの
協議で、アメリカ軍の船舶で原発の冷却に使う真水を
提供できる態勢を整えたほか、放射性物質の濃度を
測定できるアメリカ製の無人ロボットを投入することを
検討しており、日米両政府は事態収拾に向けた具体策の
検討を本格化させています。(NHKニュース)

これが3月12日のニュースというのなら、褒められたものですが、3月30日のニュースなのです。
これまで、さんざん、アメリカからの支援をはねつけた挙句に、ここにきて泣きついています。
まさか、「アメリカがー。」というための伏線ではないでしょうね?
菅首相