必死で東電だけのせいにしようとしていますが


炉心溶融を震災当日予測 応急措置まで半日も

経済産業省原子力安全・保安院が、震災当日の11日夜、
東京電力福島第1原発事故に関して、3時間以内の
炉心溶融」を予測していたことが27日、分かった。
また翌12日未明には放射性ヨウ素や高いレベルの放射線
検出、原子炉の圧力を低下させる応急措置をとる方針が
決まったが、実現するまでに半日も要した。政府文書や
複数の政府当局者の話で判明した。

 溶融の前段である「炉心損傷」を示すヨウ素検出で、
政府内専門家の間では危機感が高まり、応急措置の
即時実施が迫られる局面だった。

 しかし菅直人首相は12日早朝、原子力安全委員会
班目春樹委員長と予定通り現地を視察。政府与党内からは、
溶融の兆候が表れた非常時の視察敢行で、応急措置の実施を
含めた政策決定に遅れが生じたとの見方も出ている。
初動判断のミスで事態深刻化を招いた可能性があり、首相と
班目氏の責任が問われそうだ。

 政府原子力災害対策本部の文書によると、保安院は11日
午後10時に「福島第1(原発)2号機の今後のプラント状況の
評価結果」を策定。炉内への注水機能停止で50分後に「炉心露出」
が起き、12日午前0時50分には炉心溶融である「燃料溶融」に
至るとの予測を示し、午前3時20分には放射性物質を含んだ蒸気を
排出する応急措置「ベント」を行うとしている。

 保安院当局者は「最悪の事態を予測したもの」としている。
評価結果は11日午後10時半、首相に説明されていた。

 この後、2号機の原子炉圧力容器内の水位が安定したが、12日
午前1時前には1号機の原子炉格納容器内の圧力が異常上昇。
4時ごろには1号機の中央制御室で毎時150マイクロシーベルト
ガンマ線、5時ごろには原発正門付近でヨウ素も検出された。

 事態悪化を受け、東電幹部と班目氏らが協議し、1、2号機の
炉内圧力を下げるため、ベントの必要性を確認、4時には保安院
実施を相談した。また菅首相は5時44分、原発の半径10キロ圏内
からの退避を指示した。

 だが東電がベント実施を政府に通報したのは、首相の視察終了後の
8時半で、作業着手は9時4分。排出には二つの弁を開く必要があるが、
備え付けの空気圧縮ボンベの不調で一つが開かなかった上、代替用の
空気圧縮機の調達に約4時間を費やし、排出が行われたのは午後2時半
だった。

 与党関係者は「首相の視察でベント実施の手続きが遅れた」と言明。
政府当局者は「ベントで現場の首相を被ばくさせられない」との判断が
働き、現場作業にも影響が出たとの見方を示した。

 政府に近い専門家は「時間的ロスが大きい」とし、ベントの遅れが
海水注入の遅延も招いたと解説。1号機では排出開始から約1時間後、
水素爆発で同機建屋の外壁が吹き飛んだ。
2011/03/28 08:20 【共同通信


菅ワガママ視察で原発危機!もうウンザリ…閣僚・官僚は
仙谷詣で

菅直人首相(64)が大震災翌日、東京電力福島第1原発への
視察を強行したことが、事故対応を遅らせたとの見方が
強まっている。周辺住民に退避を強い、東日本の人々を
放射能の恐怖に陥れ、計画停電などで日本経済を疲弊させている
責任の一端が首相自身にあるなら、万死に値する。その他の
震災対策でも批判が噴出している菅首相は最近、官邸内で
孤立を深めている。

 東日本大震災当日の11日夜、経産省原子力安全・保安院は、
第1原発の事故に関して、3時間以内の「炉心溶融」を予測した。
翌12日未明には、溶融の前段である「炉心損傷」を示す、放射性
ヨウ素や高いレベルの放射線を検出したため、政府専門家の間では
「即時、原子炉の圧力を低下させる応急措置をとる」との方針が
決まったという。

 ところが、応急措置の実現までに、なんと半日も要した。

 この原因は、「原子力に詳しい」と自画自賛する菅首相
12日早朝、原子力安全委員会の班目春樹委員長とともに
ヘリコプターで第1原発を視察したことだという。政府文書や
複数の政府当局者らの話で判明した。

 政府原子力災害対策本部の文書によると、保安院は11日午後
10時に「福島第1(原発)2号機の今後のプラント状況の
評価結果」を策定した。

 これによると、炉内への注水機能停止で50分後に「炉心露出」が
起き、12日午前0時50分には炉心溶融である「燃料溶融」に至る
という“最悪のシナリオ”を提示。この対策として、午前3時20分には
放射性物質を含んだ蒸気を排出する応急措置「ベント」を行う−としていた。
この評価結果は11日午後10時半、菅首相にも説明されていた。

 その後、2号機の原子炉圧力容器内の水位が安定したが、12日午前1時前
には1号機の原子炉格納容器内の圧力が異常上昇。4時ごろには1号機の
中央制御室で150マイクロシーベルトガンマ線、5時ごろには原発正門付近で
ヨウ素も検出された。

 「チェルノブイリ原発事故」「スリーマイル島事故」を想像させる事態悪化を
受け、東電幹部と班目氏らがベントの必要性を確認したが、東電がベント実施を
政府に通報したのは、菅首相の視察終了後の8時半で、作業着手は9時4分。
空気圧縮ボンベの不調などで時間を費やし、実際に排出が行われたのは午後2時半
だった。

 与党関係者は「菅首相の視察でベント実施の手続きが遅れた」と説明。
政府当局者は「ベントで現場の菅首相を被曝させられない」との判断が働き、
現場作業にも影響が出たとの見方を示した。

 政府に近い専門家は「時間的ロスが大きい」とし、ベントの遅れが
海水注入の遅延も招いたと解説。1号機では排出開始から約1時間後、
水素爆発で同機建屋の外壁が吹き飛んだ。

 事実とすれば、菅首相の政治パフォーマンスである視察が現場を
混乱させ、原発事故をより深刻にさせたといえる。しかも、その後も
被災者支援の遅れや復興財源の不透明さ、計画停電の不公平さなどが
菅首相を直撃している。

 26日夜、菅首相番記者を集めて急きょ、オフレコ懇談を開いた。
「前日、震災発生から2週間の総理会見を開いたが、あまりにも評判が
悪くて、世論対策やマスコミ対策を急いだようだ」(官邸筋)という。

 たしかに、総理会見はひどかった。今回の震災では、阪神大震災などに
比べて仮設住宅建設の遅れが指摘されているが、このスケジュールに
ついて問われた菅首相は「大畠国交相を中心に、関係方面にその仮設住宅
使うプレハブの発注などを進めてきている。早いところでは月内にも
そういう作業が始まるのではないかと思うが…」と他人事のような答え。

 第1原発周辺の避難について、政府の対応が後手後手だという
批判も強いが、菅首相は「原子力安全委員会が中心となってその専門家の
みなさんの分析、判断をいただいたうえで、最終的に政府として退避の
指示を出している。そういった専門家のみなさんの判断を尊重した対応で…」
と、これまた他人任せの発言に終始した。

 震災発生直前、菅首相は外国人献金問題で窮地にあった。この逆風を
吹き飛ばすためにも、政治主導で震災対策に邁進してきたが、誰の目にも
能力不足は明らか。菅首相は、仙谷氏を官房副長官に起用したが、
これが孤立化に拍車をかけたという。官邸筋はいう。

 「菅首相は、誰にでも怒鳴るため、心ある官僚や閣僚は面従腹背となり、
距離を置き始めた。周囲は『総理の評判がいいです』などとゴマをする
たいこ持ちばかり。仙谷氏が官邸に入り、すべてを仕切り始め、閣僚や
官僚らは『仙谷詣で』を繰り返している。菅首相は1人の時間が増え、
ヒマな政治家や、知り合いの学者に電話をしている。官邸スタッフは
最近、『菅首相の表情が暗い』とヒソヒソ話をしている」

 こうした中、菅首相は27日、内閣官房参与に、原子力工学を専攻する
田坂広志多摩大大学院教授を起用する方針を固めた。大震災後、首相が
内閣官房参与を起用するのは6人目だが、閣僚や官僚に相手にされない
寂しさを埋めるつもりなのか。

 永田町事情通は「与野党議員も官僚も現在は震災対策に必死だが、
内心は『菅首相にはウンザリ』という気持ちが強い。国家的危機なのに、
内閣支持率調査の中には30%以下の危険水域を脱し切れないものもある。
このままでは、大震災や原発対策が一段落した時点で、『菅降ろし』が
再浮上する可能性が高いのでは」と語っている。

 自業自得ということか。(2011.03.28 ZAKZAK


首相の官僚不信?地震後急増の内閣官房参与

東日本巨大地震の発生後、菅首相のブレーン的な役割を
担う内閣官房参与が急増している。

 首相は近く田坂広志多摩大教授を参与に任命する方針で、
正式決定すれば発生から6人目で、計15人となる。ただ、
民間スタッフに傾倒する首相の姿勢には、政府内からも
「官僚不信のあらわれ」「指揮系統が不明確になる」などと
懸念する声も多い。

 首相は28日も首相官邸で、松本健一参与と被災地の
復興計画について、意見交換した。参与は「首相の諮問に答え、
意見を述べる」と定められ、首相が任命する非常勤の国家公務員だ。
人数に制限はなく、守秘義務が課される一方、勤務すれば日当2万
7000円が支給され、首相官邸内閣府に執務室が用意される。

 首相サイドは「地震原発事故の非常時で、あらゆる知見を活用
すべきだ。参与の肩書があれば、官僚にも説明を求めることができる」
と意義を強調する。しかし、首相が参与登用にこだわるのは、
東京電力や官僚への強い不信感が根底にあるとの見方が強い。
首相は最近、知人から「震災復興も原発対応も、良心的な官僚が
いるはずで、彼らを使うべきだ」と助言されたが、「(東京電力
官僚は)情報を隠している」と不満を漏らし、聞く耳を持たなかった
という。
(2011年3月28日21時28分 読売新聞)


あの日、総理「少し勉強したい」と原発視察

2011年3月28日(月)16時51分配信 読売新聞 

 政府の原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹
委員長は28日の参院予算委員会で、東日本巨大
地震発生の翌12日に菅首相東京電力福島第一
原子力発電所を視察したことについて、「首相が
原子力について少し勉強したい』ということで
私が同行した」と明らかにした。

 首相は12日朝、ヘリコプターで同発電所
訪れ、約50分滞在して東電職員らから状況の
説明を受けた。

 この視察で東電の初動対応が遅れたとの指摘が
出ている。班目氏は「現地で首相が行ったことで
何か混乱があったとは承知していない」と述べたが、
「勉強目的の視察」に改めて批判が出る可能性もある。


菅首相の今一番の関心事は、自分の福島原発視察パフォーマンスが事態を悪化させたことを、必死で東京電力だけのせいにすることのようです。
事態の収拾について、東京電力を指揮、監督するのは誰ですか?菅首相や海江田経済産業相ではないのですか?
国民を愚弄するにも程があります。もはや、万死に値するのではないでしょうか。
無能、愚鈍なだけなら、努力だけではどうにもならないこともありますからまだ許す余地があるにしても、責任転嫁に終始するとは、そのうえ卑怯であるということです。どんな親御さんのもとで育つと、ここまでの卑怯者が出来上がるのでしょう?恥を知っていただきたい。
菅首相の現実は、もはや、政府内でも、閣僚や官僚に見限られ、仕方がないので太鼓持ちの御用学者を内閣官房参与とやらに任命して暇つぶしの相手をさせているということではないのでしょうか?
辞めることができないのなら、死んでいただくことが国益なのかもしれません。どうか、潔いお最期を。
下記のようなことを言って、まだ国民を煙に巻こうと目論んでいる枝野さんも菅首相に殉死してくださると、重畳至極です。


官房長官、首相の原発訪問「情報把握への問題意識あった」  
2011/3/28 17:22

 枝野幸男官房長官は28日午後の参院予算委員会で、
菅直人首相が東日本大震災の発生翌日の12日午前に
福島第1原子力発電所を訪問したことに関して
「首相には現場の責任者、担当者と直接コミュニケ
ーションを取らなければならないとの問題意識があった」
と述べた。

 訪問の理由に関しては「なかなか現地の把握ができない。
(水蒸気を排出する)ベントを早く進めるべきだと伝えても、
東電からなかなか答えがこない。(このままでは)責任を
持った対応ができないとの問題意識があった」とも語った。

 これに関連し、原子力安全委員会斑目春樹委員長は
28日午後の参院予算委員会で、海江田万里経済産業相
12日未明の段階から「東電にとにかく早くベントをしろと
言い続けていた」と明らかにした。
社民党福島瑞穂氏への答弁。(日本経済新聞

「トウデンガー」って東電に仕事をさせるのがあなた方の役割でしょうに。
(追記)

★首相の原発視察で混乱したと承知してない
原子力安全委員長
 
 【東京 28日 ロイター】
 原子力安全委員会斑目春樹委員長は、28日午後の
参院予算委員会で、菅直人首相が東日本大震災発生の
翌日早朝に福島第1原子力発電所を視察したことが、
原子炉内の圧力を下げる「ベント」の作業など初動を
遅らせたのではないかとの指摘に対し、「現地において、
特に総理が行ったことで混乱があったとは承知していない」
と語った。斑目委員長は首相の視察に同行していた。
佐藤ゆかり委員(自民)の質問に答えた。

 斑目委員長は「事故が起きた直後に、収束には水の注入、
発生する蒸気をベントするしかない、と即座に判断して
いた」とし、それを海江田万里経済産業相に伝えたが、
同相はすでに東京電力に対して指示済みだったという。

 ただ、斑目委員長は「どういうわけか私のところには
さっぱり上がってこないが、なかなかベントがされて
いないということは確かに事実だ」と語った。

 これに先立って答弁した池田元久経済産業副大臣
「初動態勢の問題は、事後に予談を持たず、徹底的に
検証する必要があると思う」と指摘。
その上で「ベントの時期は、最初の段階で早くやらな
ければならないと関係者の見解は一致していた」と語った。

ベントが遅れたのは、あくまでも東電が悪いといいたいのでしょうか?
首相の視察に同行していた斑目委員長が、「いや、あの視察はあかんかった。」なんていうわけもないでしょうに。
さて、「初動態勢の問題は、事後に予談を持たず、徹底的に検証する」と困るのはどなたでしょうか?
まさか、「補償問題は政府が尻を拭いてやるから、お前らだけが悪者になってろ。」なんて密約でも発覚したら、とんでもないことになるでしょうね。さすがにそこまではないと思いたいですが。