もう1回貼っておきます

george1012011-03-27


東電福島原発1号機、40年超の運転認可=経産省

 東京電力は7日、運転開始から3月で40年を迎える
福島第一原発1号機(福島県大熊町)について、40年
経過後さらに10年間運転を続けるための保安規定の
変更認可を、経済産業省原子力安全・保安院から得たと
発表した。(2011/02/07-18:22)(時事通信

なんだか、民主党支持者の方々の、「そもそも原発を誘致した自民党が悪いんだ。」みたいなコメントが見苦しいので、再掲します。
最新のお墨付きを与えていたのは、どの政権下の出来事ですか?
それと、http://technohell.tumblr.com/post/3918493586/50hz のブログに面白い記事が出ていました。
一読をお勧めいたします。
ところで、上記のブログの方が書いておられる
・ 安全な新型炉の新設をさせず、古い炉を使い続けさせた反対運動家
・ 他の代替発電をさせない環境保護団体
こういったプロ市民の出世頭が菅首相ですよね。
プロ市民の方々は、自身の理想のお花畑に固執して現実に向き合いませんから、きれいな理想論を掲げるのは上手ですが、現実対処能力には欠けているようです。
彼らの理想論は、とどのつまり、脳内のお花畑でしか成立しないものなのですが、それが実現しないのは社会が悪いと思い込んでいるんでしょうか?自分たちの理想を称揚しないものは愚かな人とでも思っているのでしょうか?中途半端に頭がいい人がかかる熱病か、一種のタチの悪い宗教のようです。理想社会の実現に向けて、理想のためなら手段は選ばない、いわば、「健康のためなら死んでもいい。」方々なのでしょうね。理想の実現のために権力が必要、だから、今回の震災を奇貨としてパフォーマンスで支持率アップを狙う、無理やりな大連立で懸案を一気に片付けようとするというのは、彼らにすれば別に当然のことなのでしょう。社会に理想論は必要ですが、マイノリティでいていただかないと、現実がおかしくなります。今回の原発対応のように。
もう1つ驚いたんですが、今回の件で、「民主党がー」「自民党がー」って言い合いになっている中で、「こうなるとやはり共産党だな。」という人がいるんですね。火事場泥棒みたいな工作ですね。正直、このなりふりかまわなさを見ると、共産党民主党よりも危険じゃないかと思ってしまいます。