自主避難って・・・


住民に判断“丸投げ” 屋内退避、一転自主避難

屋内退避から一転、自主避難へ−。政府が福島第一原発
半径二十〜三十キロ圏内の住民に自主避難を促したのを受け、
福島県内の自治体は二十五日、急きょ戸別訪問や防災無線
避難を呼びかけた。屋内退避の患者のために区域内にとどまる
医療関係者は、住民に判断を丸投げする政府に対し「責任逃れだ」
と憤る。物資不足に悩む付近の住民からは「この先が不安」などの
声が交錯した。

 「ふるさとを離れられない患者さんがいる以上、私も離れるわけに
いかない」。福島第一原発から約二十五キロにある南相馬市の原町中央
産婦人科医院。院長の高橋亨平さん(72)は二十五日も二人の妊娠を
確認するなど、高血圧や糖尿病の患者ら五十〜六十人の診察を続けた。

 自主避難を促す政府の対応には「国も原発の今後に自信がないのだろうが、
責任逃れ的な予防線を張っているようにしか見えない」と語気を強める。

 高橋さんは、職員の避難を促そうと、いったんは同県猪苗代町
避難したが、「医者としての人生を総括するのは今だ」と思い直し、
二十二日から診察を再開した。患者から「先生、よく帰ってきてくれた」と
握手を求められ、うれしさが込み上げた。「外来患者がゼロになったら、
私も出ますよ」と話した。

 病父の負担を考慮して遠方に避難せず、家族四人で区域内の知人宅に
身を寄せる南相馬市内の男性会社員(57)は「パニックになって
逃げてもしょうがない。強制的な避難になるまでここに残る」と冷静に話す。
自宅は原発から二十キロ圏内の避難指示区域だが、屋内退避区域に移った。
区域では食料品店などの閉店が相次ぎ、物資不足が深刻。約二時間待って車に
給油し、三十キロ圏外で買い物をしている。ただ、男性は「一週間前に比べれば、
物流はだいぶ良くなった」と前向きだ。


 「今朝、市が用意する避難者用のバスの最終便が出た」。原発から三十キロ
圏内の南相馬市内に住む電気設備業者の男性(61)によると、市は二十四日、
残っている住民を地域ごとに学校などに集め、二十五日午前に群馬県草津町
向けて出発する最後のバスに乗るよう促した。

 男性の住む地域では住民が百人ほど集まり、「いつ帰れるのか」「今後の
生活の保証はあるのか」などと職員に詰め寄った。大震災まで、福島第二原発
働いていた男性は「原発から呼び出しがあったら、すぐ手伝いに行けるように」
と、残ることを決めた。

 バスが出発して間もなく、自衛隊員が訪ねてきた。「自衛手段はあるかと
聞かれた。後は自分の身は自分で守れということだ」。

 残った住民には家の電気設備の修理が必要な人もいる。「本当は不安で
よく眠れない。でも、できることがある限りはとどまる」(東京新聞

ついに、「自主避難」の勧奨というわけのわからない状況に。
将来、健康被害などが出たときに、「自主避難をオススメしたのに、逃げなかったあなた方の自主的な判断でおこったこと。自己責任ですね。」とでも言う気なのでしょうか。「自主避難なので、政府としての援助はできませんが、まあ、勝手に逃げてよ。逃げなかったことで生じる責任は自己責任ね。一応、逃げてっていったよ?」ってことなのでしょうか。
(追記)

東京電力福島第1原発から20〜30キロ圏内に対する
自主避難要請は24日夜、首相官邸の主導で対象の
9市町村に伝えられたうえで、枝野幸男官房長官
25日の記者会見で発表した。原子力災害対策特別措置法
(原災法)に基づく避難指示を出せば、放射性物質による
汚染拡大を政府が正式に認定することになり、周辺住民の
不安に拍車をかけかねない。一方、屋内退避の長期化で
不自由な生活への不満が住民側に強まっていたため、
超法規的な「要請」によって政府批判の緩和を狙った。

 自主避難の要請は24日夜、官邸から経済産業省
原子力安全・保安院に設置された災害対策本部と現地の
対策本部を通じ、20〜30キロ圏内にある9市町村に
伝えられた。原発事故の対応を超えた政治判断は保安院には
できないため、25日に原子力安全委員会の臨時会を開き、
放射線のモニタリング結果などを理由に、自主避難
「望ましい」と助言する形をとった。

 原災法に基づく避難指示は「異常な水準の放射線量」の
検出が前提となる。自主避難自治体に要請する根拠法はなく、
実際に住民を避難させるかどうかの判断は各市町村に委ねられた。
避難先の確保や移動手段なども市町村が考えなければならず、
野党からは「中途半端」などの批判がかえって強まっている。

 菅直人首相は25日夜、避難指示に切り替えなかったことに
ついて「原子力安全委員会の専門家の判断を尊重した対応」と
強調した。しかし、保安院の関係者は「先に判断したのは官邸。
避難指示は放射線量が高いまま下がらない場合などに検討する」
と語り、官邸指示に従った苦肉の策だと認めた。
【青木純】(毎日新聞

政府が、民主党が、真剣に責任回避の手段を講じてきています。
「ゲンシリョクアンゼンイインカイガー」「ジチタイガー」と責任をなすりつける気なのでしょうか。
私は、先日、九州の実家に送った息子に続き、娘も、今日、家内の関西の実家に送りました。
過敏な反応かもしれませんし、正直、費用も馬鹿にならないのですが、政府の「大本営発表」を信じているうちに取り返しのつかないことになるよりは、一種の保険と割り切ることにしました。
自主避難とのことで、自治体に対応を丸投げしている政府は、やはり、責任感も能力もないと思うのです。隠蔽や責任回避、他者の非難については左翼らしい本領発揮をしていますが。
菅首相も、ここにきて、「アンゼンナンテイッテナイ」といい始めた枝野さんも信用が置けません。もともと、信用してなどおりませんでしたが、想像以上に酷い有様で、あきれるほかありません。しかし、彼らを選挙で選んだのは国民なのです。出来もしない詐欺のマニフェストで騙されたのだとしても。