なるほどね

民主党の支持者の方々が、1つの手法を思いついたようです。
ソースを叩くという方法です。
過去には民主党を絶賛していた日刊ゲンダイが、民主党批判の記事を書くや否や、「ソースはゲンダイなので信用できない。」との論調。日刊ゲンダイが自分たちに都合のいい、自民党批判をしていたころには、日刊ゲンダイこそが真のメディアだみたいなことをあちこちで主張してましたのに。
ジャカルタでショッピングにエステと報じられた菊田真紀子衆院議員のことも、菊田議員本人が「私のインドネシア訪問について、一部で報道されたことは事実ではありません。本日、党を通して正式に抗議しました。」とブログに書けば、脊髄反射でやはり捏造記事だったと騒ぐ。
タブロイド版の記事と、民主党議員のコメントなんてのは、信憑性においてフィフティーフィフティだと思うので、捏造かどうかはきちんと判断をした方が良いと思うのですが。
世の中には、呼吸するように嘘をつく方もいらっしゃるのですから。
菊田真紀子衆院議員がそうだとはいいませんが、ご本人が「どうせ裏は取れないだろうから、記事は嘘だと言い続ければ、捏造でかわせる。」と踏んで、「事実ではない」と主張している可能性がゼロだと言い切れる根拠はあるのでしょうか?
まあ、ブログを拝見すると、一見、他の民主党の議員よりは働いてらっしゃるようにも見えなくもありませんが。
「党を通しての正式な抗議」の行方を見守りたいと思います。