身内からも・・・


政府の震災対応批判=民主・黄川田氏

 民主党黄川田徹衆院議員(衆院岩手3区)は22日、
東日本大震災の被災者支援に関し、国会内で記者団に
「(既に)いろんな災害があって、マニュアルがあって、
あとは決断と実行だ。何をいまさら議論しているんだ」と
述べ、政府の対応を強く批判した。
 黄川田氏は、津波により甚大な被害を受けた岩手県
陸前高田市出身。同氏や事務所によると、市内にあった自宅は
津波で流され、長男が遺体で発見された。また、両親と妻は
依然行方が分からないという。
(2011/03/22-16:24)(時事通信

身内からも批判が出始めました。
ご長男を亡くしておられることからも、真意での批判なのでしょう。
ここで、声を上げておけば、次の選挙に有利だ、ということではないと思います。