税金泥棒とは彼らのことです


支援したいが…自民「野党に限界ある」
民主「国会に来てもやることない」

 東日本大震災で、政府入りしていない与野党議員は、
それぞれ独自に被災者支援に取り組んでいる。街頭募金や
物資の手配など、可能な範囲での救援活動を展開中だ。
被災地ではいまだに物資不足が指摘されており、政府対応を
見守りつつも、「歯がゆさ」を抱える議員も多い。

 自民党は15日、被災地を除く各県連に、計約1100の
募金箱を送付。受け取った各議員がそれぞれ、街頭に立っている。

 長期政権で培った独自の人脈を活用するケースもある。大島理森
副総裁は16日、日本経団連米倉弘昌会長を訪ね、被災県の
災害対策本部から必要な支援物資の要請を受ける「ホットライン」の
開設を要請。米倉氏が即決し、政府を通さず、被災地と経団連
直接結ぶルートが開けた。

 ただ閣僚経験者の一人は「アイデアを出しても、野党にできること
には限界がある」とも語る。

 民主党議員の対応は「二極化」している。政務三役ら政府で要職に
就く民主党議員は「震災発生から1週間で計10時間ほどしか寝ていない」
(首相周辺)と多忙だ。

 一方、政府外の民主党議員にはもどかしさが募る。民主党は、政府が
震災や福島第1原発事故への対応に専念できるよう、個別に省庁に
働き掛けるのを自粛している。「専門知識もないのに役所に乗り込んでも
かえって邪魔になる」(民主党参院議員)との判断からだ。

 だが、中堅の衆院議員は「地元で募金をしても『何をやってるんだ。
国会で震災対応をしろ』と言われるが、国会に来てもやることがない」と
困惑気味だ。

税金泥棒であることを自白する民主党議員。
選挙で選んだのは、国民です。
たとえ、民主党が、実現できない詐欺のマニフェストで国民を騙したのだとしても。
そして、一見働いているように見える人々も、東祥三議員ように視察中に居眠りしたり、枝野さんのように、安全だ安全だと繰り返すだけの簡単な仕事だったり、菅首相のようにパフォーマンスばかりだったり、海江田万里経済産業相のようにハイパーレスキューの方を恫喝し、貴重な放水車を壊す契機をつくったりとろくなことをしていないのです。