幹事長?


東日本大震災をめぐり、枝野幸男官房長官が18日の政府と
与野党の震災対策合同会議で、計画停電への対応を自画自賛する
など、政府・民主党の認識が実態とは大きくかけ離れている
ことが21日、産経新聞が入手した合同会議や実務者会合の
議事録で明らかになった。
一方、民主党岡田克也幹事長からは緊張感の欠如ともとれる
発言も出ている。

 枝野氏は地震発生後、緊急災害対策、原発事故、計画停電
などに関する政府の対策本部の調整役となったものの、対応の
遅れが批判された。

 会議出席者が作成した議事録によると、18日の合同会議で、
社民党阿部知子政審会長は計画停電について「『無計画停電だ』。
街がガラガラで小さな商売が成り立たない」と見直しを求めた。

 これに対して、枝野氏は「当初の計画通りだったら大混乱
だったが、東京電力経済産業省に任せず政治主導でやって
よくなった」と反論した。

 また、岡田氏は18日の合同会議で、19日から毎日開く
ことになった実務者会合について会合ごとにテーマを絞る
ことを提案した。
「最初の20分は原発、後の40分は物資輸送ということで…」
などと、会議の中身よりも1時間で終えることにこだわった。

 実際、岡田氏は19日の実務者会合で原発の問題で議論が
行われている最中、「時間もないので物資輸送の件に移りま
しょう」と発言。
さらに開始からちょうど1時間後に終了宣言し、会合を打ち
切った。

 岡田氏は21日、福島県双葉町の住民が集団避難している
さいたまスーパーアリーナさいたま市)を視察。帰京後、
国会内の幹事長室に戻った際、周囲に「アリーナには人も
モノもあり〜な」と冗談を飛ばしていたという。
(産経ニュース)

最近、特に言動がおかしいですね。岡田さんは。
一時は、民主党のなかでもマシな方だと思っていたのですが。
与野党の震災対策合同会議で有効な案が出ると、民主党のパフォーマンスが目立たなくなる、野党に手柄を立てさせることになる、とでも危惧しているのでしょうか?この期に及んでも?
ともかく、野党の協力の申し出に対し「政府の邪魔をしないでくれ。」という要請文を送りつけた経緯のある岡田さんですから、与野党の震災対策合同会議の仕切りがこうなるのも頷けようものです。
幹事長は選挙の要。選挙に負ければ、責任論です。
野党にポイントを稼がせてはいけないと必死になるのは、お役目に忠実な行動というわけです。
この期に及んで、そういうことなんでしょうか?
被災者を救うことよりも?
野党の協力を求めるのは口先だけで、与野党の震災対策合同会議はこのようにないがしろにしています。
それでいて、原発担当相、震災担当相の件は必死に自民党に押し付けようとしているのは何故でしょう?
普通に考えれば、答えはおのずと出てきますよね?

谷垣氏入閣、なお模索=民主幹事長−党内から首相批判

 民主党岡田克也幹事長は22日の記者会見で、菅直人首相が
谷垣禎一自民党総裁に入閣を要請し、拒否されたことについて
「非常事態だから野党の協力も得たいという中で首相が言った
事実は残る」と述べ、谷垣総裁の入閣を引き続き模索する考えを
明らかにした。
 これに先立ち、岡田氏は常任幹事会で、一連の経緯を報告した
上で「ボールは向こうにある」と述べ、自民党の要請受け入れに
期待を示した。また、安住淳国対委員長は記者会見で「首相自身が
そういう気持ちならば、粘り強く誠意を持って対応すればいい」
と語った。
 ただ、民主党内には、震災への対応が急務とはいえ、野党への
連立要請という重要な提案を党内に相談せずに行った首相への
不満がある。小沢一郎元代表に近い森裕子参院議員は、参院
常任役員会で「谷垣氏への入閣要請というのは話が違う。
感覚がずれている」と首相を批判した。
 一方、谷垣総裁は22日の役員会と総務会で、首相から電話で
副総理兼震災復興担当相としての入閣を求められ、幹部協議で
拒否を決め、首相に伝えたことを報告し、了承された。ただ、
役員会では一部のメンバーから「半年後に衆院を解散するなど、
条件が整えば入閣したらいい」との声も出た。
(時事通信)(2011/03 /22-18:33)