自衛隊に対して


首相は自衛隊員の気持ちを分かっているのか
2011.3.20 21:43

 菅直人首相は20日、神奈川県横須賀市防衛大学校
卒業式で訓示し、東日本大震災や東電福島第1原発事故での
自衛隊員の決死の活動について「危険を顧みず死力を尽くして
救援活動を続ける自衛隊員を誇りに思い、ご家族に心から
敬意を表したい」と述べた。

 未曽有の大震災を受け、今や首相は自衛隊に「おんぶに抱っこ」
となっている。自衛隊を称賛するのは当然だと言えよう。

 「私もかつてカンボジアを訪れ、自衛隊のPKO(国連平和維持)
活動を視察し、現地の方々が自衛隊の真(しん)摯(し)な活動と
規律正しさを称賛するのを目にした」

 こうも述べた。それならばぜひ聞きたい。なぜ辻元清美衆院議員を
震災ボランティア担当の首相補佐官に起用したのか。

 カメラマンの宮嶋茂樹氏の著書によると、辻元氏は平成4年に
ピースボートの仲間を率いてカンボジアでの自衛隊活動を視察し、
復興活動でへとへとになっている自衛官にこんな言葉をぶつけた
という。

 「あんた!そこ(胸ポケット)にコンドーム持っているでしょう」

 辻元氏は自身のブログに「軍隊という組織がいかに人道支援
適していないか」とも記している。こんな人物がボランティア部隊の
指揮を執るとは。被災地で命がけで活動している自衛隊員は一体
どんな思いで受け止めているだろうか。

いかに民主党が人材難とはいえ、自衛隊を「暴力装置」呼ばわりした
仙谷由人代表代行を被災者支援担当の官房副長官に起用したのも
理解できない。

 「どれほど自衛官が傷ついたか分かるか。自衛官の子供たちが
学校でいじめられる可能性だってある…」

 自衛隊出身の自民党佐藤正久氏が昨年11月22日の
参院予算委員会で、言葉を詰まらせながら仙谷氏を指弾したことを、
首相はすっかりお忘れのようだ。

 しかも首相は被災者生活支援特別対策本部の事実上のトップ
(本部長代理)に仙谷氏を充てた。被災地への支援物資輸送を
担っている自衛隊員の士気を大きくくじいたに違いない。

 首相は18日、笹森清内閣特別顧問との会談で「自衛隊、消防、
東電も含め意思疎通がもう一つうまくいっていない」と不満を
漏らした。自衛隊や消防などが円滑に活動できるように調整するのが
政府の役割ではないのか。

「首相の言うことは支離滅裂で、隊員たちの気持ちを逆なでするばかりだ」

 ある幹部自衛官はこう嘆いたが、無責任な最高指揮官の指示に
黙々と応える自衛隊員に心から敬意を表したい。
(阿比留瑠比)(産経ニュース)

菅首相が支離滅裂なのは、今に始まったことではありません。
一貫しているのは、常にパフォーマンスを考えていることぐらいでしょう。
前科者でもある辻元清美さんや、野党からの問責を受けて一度外された仙谷さんを用いざるを得ない民主党の人材不足の窮状はいかんともしがたいのでしょうが、あまりに非道い人事です。
民主党には、国会議員は衆参合わせて400ぐらいいるはずですが、被災地視察の最中に居眠りをしたり、この非常時にアロマオイルを楽しみながら英語を勉強したり、この非常時にジャカルタエステと買い物三昧だったりと、ろくな人材がいないとわかってはいてもです。
自衛隊の方々は、今回、懸命に頑張ってくださっている。特に福島では、被曝の危険に晒されながらです。
本当に、菅首相は、人の心のわからないロクデナシだと思います。
しかし、こんな人に、最高責任を担わせなくてはならない状況を作ったのは、国民です。
選挙で選んだのですから。民主党政権を。
民主党が、実現の可能性のない詐欺のマニフェストで国民を騙して、政権を盗み取ったにしても。
マスコミが、強烈に民主党に加担したにしても。
それを見抜けず、選挙で選んでしまったのは、国民なのです。
次の選挙では、騙されないようにしましょう。