ここでも責任回避


北沢防衛相、「決断」丸投げ 現職自衛官が悲痛な寄稿
2011.3.19 01:15

 福島第1原発への海水投下をめぐり、北沢俊美防衛相が
任務決断の責任を折木良一統合幕僚長に転嫁するかのような
発言をしたことに対し、自衛隊内から反発の声が上がっている。

 北沢氏は陸上自衛隊のヘリが17日に原発3号機に海水を
投下した後、「私と菅直人首相が昨日(16日)話し合いを
するなかで結論に達した」と政治主導を強調する一方で、
「首相と私の重い決断を、統合幕僚長が判断し、自ら決心した」
と述べた。

 この発言について、ある自衛隊幹部は「隊員の身に危険が
あるときほど大臣の命令だと強調すべきだが、逆に統幕長に
責任を押しつけた」と批判する。北沢氏は17、18両日の
2度の会見でヘリの乗員をねぎらう言葉も一言も発しなかった。

 首相も最高指揮官たる自覚はない。首相は17日夕、官邸での
会議で「危険な中での作戦を実行された隊員はじめ自衛隊
みなさんに心から感謝を申し上げます」と述べたが、地震発生以来、
一度も防衛省を激励に訪れたことはない。

 こうしたなか、現職自衛官の悲痛な訴えが18日、インターネット
メディア「JBpress」に載った。海水投下も記述したうえで、
こう締めくくっている。

 《隊員を喜んで死地に向かわせるのは、自衛隊最高指揮官である
内閣総理大臣をはじめとする、防衛大臣などの各級指揮官の堅確な
意志と熱誠を込めた言葉です。…死地に向かわせるなら、指揮官
陣頭であるべきです》

 首相、北沢氏は謙虚に一読すべきであろう。

(半沢尚久)(産経ニュース)

これは、自衛隊の方に犠牲者が出るような事態になったときのための責任回避の一手ですか?
もし、そうだとしたら、どこまで、腐っているんでしょう。
その場合は、恥を知って欲しい。
こういう恥知らずな方の親御さんの顔を見てみたいものです。