憲政史上、もっとも無能で無責任な菅首相。


首相、谷垣氏に入閣要請…大連立と同じと拒否

読売新聞

2011年3月19日(土)3時6分配信 


 菅首相民主党代表)が東日本巨大地震東京電力
福島第一原子力発電所での事故を受け、自民党
谷垣総裁に原発問題担当相としての入閣を要請していた
ことが18日、明らかになった。

 谷垣氏側は拒否した。

 これに関連し、民主党の岡田幹事長は同日、国会内で
開いた「各党・政府震災対策合同会議」で、閣僚の3人
増員を柱とする内閣法改正を提案した。3ポストは原発
問題担当と復興担当、被災者支援担当が念頭にあると
みられ、野党側も大半は増員には賛成する方向だ。

 谷垣氏への入閣要請は、首相周辺から関係者を通じて
自民党幹部に伝えられた。谷垣氏側は「入閣は大連立と
同じで、責任の所在が不明確になるだけだ」として拒否した。

 これを受け、首相は与党から新ポストへの起用を目指す
意向だ。仙谷由人官房副長官国民新党の亀井代表らの
名前が取りざたされている。

 岡田氏は合同会議で、副大臣政務官首相補佐官
増やすことも提案した。

ここにきて、責任をなすりつけにくるとは・・・。
菅首相が本当に自民党の力を借りたいだけということも、可能性として否定はできませんが、このタイミングでは・・・。
やはり、民主党に国民の生活を守る意思と力はありません。
3月15日に記事で書いたように、「手遅れになった後に、責任をなすりつけるためだけに野党に事の対処を投げ出すような真似」が現実のものとなるとは。

別に、不安を煽る気はないですが、私は、子供たちだけでも、九州の実家に送ります。
まあ、春休みに入ったからということなのですが。
(追記)
あとから、産経で下記の記事が出ていました。
はて、読売の飛ばし記事なのか?


自民・谷垣総裁、入閣打診「ない。あっても応じない」
2011.3.19 11:32

 自民党谷垣禎一総裁は19日午前、菅直人首相が
東日本大震災の救援・復旧や東電福島第1原発事故対策など
のため野党幹部の入閣打診を検討していることに対し、
「打診に応じる考えはない。一切考えていない」と述べた。
党本部で記者団に答えた。閣僚枠の増員とともに首相が今後、
正式に入閣を要請した場合でも、党として応じないとの考えを
表明したものだ。

 その上で谷垣氏は「われわれは災害対策と原発災害で
協力を惜しむつもりはない。すでに与野党の協議会を提案し
設置した。だから菅さんには全力をあげて今の対応に取り
組んでほしい」と述べた。すでに首相側が谷垣氏自身に入閣を
打診しているとの見方についても「全くそういう事実はない」
と否定した。

 谷垣氏周辺も「事実無根だ。こうした官邸の動きは大変、
謀略的だ」と批判。「非常時に政局的な動きを仕掛けるヒマが
あるのか。自分たちで対応できないなら政権を明け渡すべきだ」
と語った。
一方、公明党幹部も18日、産経新聞の取材に対し、「ほとんど
倒れかかっている菅政権に1人、2人が入ってどうなるのか。
力をふるえないまま政治責任を負わされるだけになる」と指摘し、
野党幹部の入閣は好ましくないとの見方を示した。(産経新聞

とにかく、責任の回避にかけては、一生懸命に手を尽くす民主党ですから、読売の記事も「火のないところに煙は立たぬ。」類の話かもしれませんが、はたして、読売のニュースソースが気になるところです。
(さらに追記)
しかし、ここにきて、入閣に応じない谷垣さんは心が狭いなどという世迷言を主張する輩がいることに驚きを隠せません。
自民党の議員の方のtwitterを拝見すると、懸命に被災者の方を救う具体的な行動を起こしておられます。
民主党三宅雪子議員のように、アロマオイルを楽しんでいるなどという、のほほんとした状況にはおられません。
民主党抜きで行われている行動が、現実的に、次々と被災者の方々を救っているようです。
今更、わざわざ、大臣の肩書きなど、被災者の方々を救うのに必要はないはずです。
大臣の肩書きとともに、今回の件を丸投げするつもりなのが見え見えです。
たぶん、「指揮系統や、具体的な方法も一任します。ウチが決めたのは、あなたを担当大臣にすること、これだけです!」みたいな責任放棄の極みの対応なのではないでしょうか?