オールジャパン


焦燥

 石破 茂 です。

 今日も終日、自民党では震災対策の会議が開催されていましたが、
政府からはほとんど情報が入らず、政府側の説明者もほとんどが
当事者能力のない人たちで「ご提言は必ず伝えます」で終わってしまい、
「野党にも協力してもらいたい」という菅総理の呼びかけは一体どこまで
が本心なのか、口だけで「協力してほしい」というだけではなく政府全体
として具体的な提案をして貰いたい。

 現政権はそもそも経験が足りないのに加え、役所との信頼関係も
希薄なため、政府の対応が不十分であることは否めません。
 総理以下、閣僚たちもおそらく不眠不休で疲労困憊、判断能力も相当に
落ちているのでしょうが、このような状態が最も危険です。「下手に
自民党の提案に応じればこの機に乗じて政権を乗っ取られるのでは
ないか」との疑心暗鬼があるのかもしれませんが、我々はそのような
ことは全く考えておりません。早急に政府の能力を上げなくては
なりません。

 予備自衛官の招集も、会見に手話を導入したのも自民党の提案です。
どちらの手柄、などということはどうでもよいのですが、このようなことを
いちいち総裁や幹事長が総理に直接伝えていたのでは全くスピード感に欠け、
一向に埒があきません。突如として自衛隊の派遣規模を五万人から十万人に
引き上げるなど、自衛隊の運用を全く知らない素人の思い付きです。
 「計画停電」という名の需給調整も、情報発信が不十分で混乱が
増すばかりです。東京電力原子力発電所を含めた現場対応で手一杯なの
ですから、記者会見など広報くらいは政府が責任を持って代わって
行うべきではないのでしょうか。
 人命救助と共に一刻も早く行わねばならないのは、心身ともに限界に
達している被災者を放置しないことです。全国のホテル・旅館などで
受け入れていただけるところを募り、体調不良の方や高齢者・幼児を
優先して自衛隊の輸送ヘリなどで搬送しなくてはなりません。
 混乱を恐れていても始まらない。日本人の英知、規律、思いやりを
信じるべきです。国土の多くが廃墟と化した戦災から立ち上がった
日本なのですから。
(石破 茂オフィシャルブログ)

石破 茂さんのブログです。
リンクすべきなのでしょうが、持ってきてしまいました。
オールジャパンで臨むべき今回の災害対応について、民主党の、菅首相の対応が見えてくる内容です。
茂木健一郎さんのtwitterにも、オールジャパンという言葉が登場していたかのように記憶していますが、石破さんのブログを読むと、オールジャパンを阻害しているのは、民主党ということになるようです。
差し伸べられた手を払いのけるような状況ではないはずです。
真に国民のためを思うのなら、自分たちの手柄に拘らずに、自分たちの力量不足の露呈を恐れずに最良の方法を模索すべきです。
菅直人首相と民主党では、残念ながらこの危機的状況は打開できないと、痛切に感じています。
以前に菅首相にエールを送りました。その価値に値しないと、今は断ぜざるを得ません。
手遅れになる前に、オールジャパンの体制を整えてください。
手遅れになった後に、責任をなすりつけるためだけに野党に事の対処を投げ出すような真似になる前に。