左翼は罪を認めない

george1012011-03-14


停電めぐる混乱で枝野氏「残念で遺憾」 
政府の対応への謝罪はなし

枝野幸男官房長官は14日午後の記者会見で、東京電力
計画停電の対象地域や時間を発表したのが13日午後8時
だったため国民への周知が遅れ、14日早朝から混乱を
招いたことについて「結果的に今のような状況になったのは
残念で遺憾だ」と述べた。ただ、政府が東電の計画停電
了承したものであるにもかかわらず、枝野氏は政府の判断、
対応への直接の謝罪を行わなかった。

 枝野氏は「いよいよ実際に電力供給をストップせざるを
得ない状況だと報告を受けている。予測されない停電を
防ぐためにもやむを得ない措置なので冷静に対応してほしい」
と呼びかけた。(産経ニュース)

残念ながら、予想通りの対応でした。
東京電力だけのせいということですか。
いつまでも、他人のせいなんですね。監督、指示しているのはどなたでしょうか。
国民の安全に責任を持っているのは、政府ではないのでしょうか。
人として、恥ずかしくはないのでしょうか。
左翼の方々の良心のファウルラインは、我々とは随分と違ったところで線引きをされているようです。
担当大臣が出てくるでもなく、この対応です。
政府には当事者としての意識があるのでしょうか。
それでも、今は、被災者の方を救うのに、彼らの力に期待するしかないのです。
選挙で選ばれたのは、彼らなのですから。