無計画停電

朝起きたら、第1グループの停電が中止となっていた。
「ああ、さすがに情報の提供が間に合わなかったということで、第1グループは見送ったんだな。」と思った。
しかし、「供給量が足りているのでやりません。」という理由とのこと。
但し書きがついていて、「10時前にやるかもしれません。」とはなっていたが。
供給量が足りていたら、停電をやめるという機動的運用は喜ばしいことだが、第2グループ以降もそうなのだろうか。
そういう運用ならば、テレビを通じて、リアルタイムで現在の使用量と、供給可能量を表示して随時注意喚起していけば、なんとかなるんじゃないだろうか。
足りなくなりそうなので、節電に努めてくださいといえば、止まるよりましだと多くの人が協力を惜しまないだろう。
計画停電のために企業が活動を縮小したことが、予想外に電力使用量を引き下げたので必要がなくなったとか、各家庭の節電意識が奏功したとか、「供給量が足りた」理由を、私は、今の段階で憶測するしか出来ないが、そういった説明の下に第1グループ見送りはなされたんだろうか。
ちょっと情報提供がうまくいかなかったんで、さすがに第1グループを実施したら大きな批判を生みかねない、しかし、そんな理由で中止したら物笑いの種だ、じゃあ、供給量が足りたので実施しないことに・・・なんてことが真相でなければいいのだが。
パフォーマンスのエースである蓮舫大臣を擁した割には、お粗末な展開だと思う。
これで、もし、今回のバタバタ加減の責任を、またも「東京電力のせい。」とでも言い出したなら、担当大臣の意味はない。
そもそも、計画停電実施の報だけで供給量が足りてしまうような状況なら、節電の注意喚起だけで凌げるのが、現状の実態なのではないだろうか。
足元の実態把握もそこそこに、目立つ行動を起こすのは、仕分けのときにも見受けられた、蓮舫大臣の悪い癖だと思う。
津波なんて実際に来るまでに時間差があるからその時間でできる対応をすれば済むこと』といった判断軸の彼女を、周囲がうまくサポートしなければ、間違った方向に動いてしまう。とりあえず、行動力はある方のようなので、その力を生かすには、上位者がきちんと導いてあげる必要があるのだろう。
菅首相、どうかお願いします。
(追記)
電力不足について、こういう意見があるらしい。
ご参考まで。リンク先をご覧になってください。
http://www.asyura2.com/11/senkyo109/msg/875.html