所詮、選挙互助会


原発「爆発」誰も説明できず 危機意識ない政府、東電

誰も説明できないのか−。東京電力福島第1原発1号機で
12日午後3時36分ごろ、大きな爆発が起きた。東日本
大震災と大津波に続き、原発の建屋の外壁が吹き飛ぶと
いう前代未聞の事態。放射性物質漏えいは、人体への影響は。
募る疑問に国、東電とも、何も答えぬまま時間だけが過ぎ、
危機意識の欠如をうかがわせた。

 経済産業省原子力安全・保安院中村幸一郎審議官らは
爆発後、断続的に記者会見を開いたが、こわばった表情で
「情報を収集しながら対策を検討したい」「詳細について
確認中」と述べるだけ。

 周辺住民の生命を脅かしかねない事態にもかかわらず、
何を聞かれても「情報がない。確認中だ」と繰り返した。
業を煮やした記者が「最悪の事態を想定していないのでは
ないか」と声を荒らげても、「最大限努力する」としか答えず、
かみ合わないやりとりが続いた。

 これに先立ち記者会見した枝野幸男官房長官も同様に
「しっかりと把握して対応したい」「住民の安全については
万全を期す」と繰り返すのみ。「節電」「取材の安全性」などに
ついて一方的に話しだし、肝心の爆発についてはほとんど
答えずに会見を終えた。

 当事者の東電もまったく同じ対応。東京都千代田区の東電本店
では、吉田薫広報部長らが記者会見を開き「ご心配をおかけして
申し訳ありません」と謝罪したが、爆発の影響などを尋ねられても
「しっかり評価しなければ分からない」と、踏み込んだ回答を避けた。
(産経ニュース)

政権をとることがゴールだった連中には、首相ごっこ、内閣ごっこ、政府ごっこ、与党ごっこしかできないということか。
選挙のためだけの野合集団に、まったく危機対処能力がないことだけが露呈されていく。
権限を持つ人間が、無能だと、組織は機能しないのだな。
歯痒い。