バ菅のパフォーマンスのせいで・・・


政府、後手の対応 首相視察が混乱拡大との見方も

菅直人首相は12日夜、福島第1原発について「一人の住民も
健康被害にならないよう全力で取り組む」と強調した。ただ、
原発で爆発が起きたことで、政府の危機管理能力が問われる
ことになった。「最悪の事態を想定」(枝野幸男官房長官)して
きたはずなのに、退避指示の範囲を徐々に広げた。爆発の事実を
発表したのも発生から2時間以上たってからで、官邸の
混乱ぶりがうかがえた。

 しかも首相が12日朝現地を訪れ、1時間近く視察したことは
現場の作業を遅らせる一因になったとの指摘もあり、責任を
問われかねない。

 「国民の安全を第一に考えて対策を取ってきた。周辺住民が
健康被害に陥らないよう全力を挙げたい」

 12日夜の会見で、首相は原発への対応をこう強調した。ただ、
爆発とは言わず「新たな事態」と形容するにとどまった。

 首相は12日午後の与野党党首会談で原発に関し「危機的な
状況にはならない」と強調していた。会談中に官邸側は「会談後、
首相と官房長官の会見を行う」と発表した。爆発が起きたのは
会談の最中だった。

 会談終了から1時間半以上たって単独で会見した枝野氏は
首相が会見をいったんキャンセルした理由について「首相は、
メディアを通じてメッセージを伝えるのは大変重要だと
思っていたが、それ以上にこの事象(爆発)にしっかりと
対応することが重要だとなった」と釈明した。
12日朝、首相は原発視察に先立ち、記者団に「現地で責任者と
きっちりと話をして、状況を把握したい。必要な判断は場合に
よっては現地で行うかもしれない」と意気込みを語った。

 政府関係者によると視察は首相が突然言いだした。枝野氏も
12日未明の会見で「陣頭指揮を執らねばならないという強い
思いが首相にあった」と説明した。

 しかし、現場はすでに放射性物質の一部放出をしなければ
ならない事態に陥っていた。そこに首相がヘリコプターから
降り立ったため、現場担当者も首相の対応に追われた。

 退避指示も当初「風向きなどを考えて」として3キロから
始まり10キロ、20キロと範囲を広げた。枝野氏は「専門家が
詳細な分析をしているので、周辺住民は落ち着いて対応してほしい」
と言いながら、退避指示の拡大などのメディアへの情報提供が
遅いことには「間違いのない情報を伝えないといけないから」と
強弁した。(産経ニュース)

以下のソースは2chなので、フィクションの可能性もあります。

★★★福島原発事故のまとめ★★★

①米軍は、ホウ酸を空輸し、原子炉に注入することをを提言。
②しかし、東電は、ホウ酸注入で原子炉の復旧が難しくなると
注入を拒否し、軽水注入での冷却に固守。
③ところが、配管ラインの一部が損傷のため冷却水が十分に
供給できず、水位があがらないことが判明。
④そこでやむを得ず、11日未明に政府に蒸気放出の要請を出す。
⑤ところが、管総理が視察に行くため、政府は蒸気放出を
やめるよう指示。
⑥蒸気放出は、結局、菅総理の視察が終わった夜明け以降に実施。
⑦この遅れのため、原子炉外部容器内の圧力が既定値の
2倍以上に高まる。
⑧蒸気放出作業は2時過ぎに実施できたが、3時半には
爆発事故を起こしてしまう。
⑨東電は、1号機の運用維持をようやく破棄し、廃炉覚悟の
海水とホウ酸注入を決定。

(結論)原発事故は、管のパーフォーマンスと東京電力
危機管理より利益を優先させたための人災(2ch)

詐欺フェストしかり、馬鹿な仕分けしかり、内容のない会見しかり、ミンス痘はパフォーマンスばかり。
今回は、バ菅のパフォーマンスが事態を悪化させた模様。
かえすがえすも、このようなときに、よりによってミンス痘政権とは!