いっそ清清しい売国奴


民主・土肥氏「竹島領有権、日本は主張中止を」韓国議員と共同宣言 
会見まで 先月末


 わが国固有の領土にもかかわらず韓国が不法占拠を続けている竹島
ついて、衆院政治倫理審査会会長で菅直人首相が主宰する政策グループ
顧問の土肥隆一衆院議員(兵庫3区)が「日韓キリスト教議員連盟」の
日本側会長として、日本政府に竹島の領有権主張中止などを求める
同議連の日韓共同宣言に名を連ね、韓国の国会で共同記者会見していた
ことが9日、分かった。土肥氏は産経新聞の取材に「個人的には、竹島
日本の領土とは一概にはいえないのではと思っている」と話している。

 共同宣言文のタイトルは、「和解と平和を成す韓日両国の未来を
開いていこう」。日本に対し「歴史教科書の歪曲(わいきょく)と
独島(韓国が主張する竹島の名)領有権主張を直ちに中止する」などの
3項目を要求。議連の日本側会長の土肥氏ら3人の連名としている。

 土肥氏によると、共同宣言は先月27日、韓国の植民地支配下
独立運動を記念した「3.1節」の関連行事の一つとして開催された、
同議連の共同記者会見で発表された。

 土肥氏は日本側会長の立場で、日本から唯一出席。韓国には当日入り、
式典の前に「この共同宣言を発表したい」と日本語訳が添付された
宣言文案を渡され、内容を確認して了承、共同会見に臨んだという。

 土肥氏は産経新聞の取材に「共同宣言は外交交渉上有効に
なるようなものではない」と説明。「この議連は本来、キリスト教
精神で日韓問題を考えようという趣旨のもの。どちらか一方だけが
悪いということにはならないはずだが、韓国では竹島慰安婦、教科書、
靖国に対する自国の主張を述べないと、日本と向き合ったことにならない」
とも述べ、韓国側が作成した宣言文に理解を示した。

共同宣言は、韓国内では主要各紙が報道。会見した土肥氏らの
写真も掲載された。土肥氏によると、同議連はキリスト教信者の両国の
国会議員によって約11年前に発足。日本側は7人程度だが、韓国は
国会議員の3分の2にあたる約150人が所属しているという。

 土肥氏は通称「菅グループ」と呼ばれる菅首相主宰の「国のかたち
研究会」代表を務め、昨年9月の民主党代表選では菅首相の推薦人だった。

 ■「軽率すぎる行動」

 拓殖大下條正男教授は「政権与党幹部の一人が韓国側の主張に沿う
共同宣言を公の場で共同発表したことは、韓国側には『日本政府が韓国の
領有権主張を認めた』と解釈される。軽率すぎる行動で、領土問題の
根幹をまったく理解していない」と指摘している。(産経ニュース)

まったく、すごいな・・・ミンス痘という病はここまで脳に影響を及ぼすのか・・・。こんな譫言を垂れ流すようになるとは。本人は、この病の自覚がなく、むしろ胸を張っているところも、なんとも、残酷な病である。
これが日本の国益を守るべき日本の国会議員だというのか。きっと、ミンス痘に冒される前はマトモだったんだろう。なんにしても、かわいそうに。病気なら仕方ないな・・・とでも思わないとやりきれないな。
まあ、病かどうかはともかく、多分この人はもう手遅れだ。脱税で有名な自称脳科学者である茂木健一郎センセイの力で、この人の脳にアハ体験を連発させても、手の施しようがあるまい。
ところで、脱税で有名な自称脳科学者の茂木健一郎センセイで思い出したが、センセイに教えていただいたことがある。自分たちを監禁している銀行強盗に信頼や愛情を感じてしまうことを「ストックホルム症候群」というらしい。「政権を詐欺のマニフェストで強奪し、日本の未来を不当に拘束しているような」ミンス痘のセンセイ方に、脱税で有名な自称脳科学者の茂木健一郎センセイがシンパシイを感じているのは、まさに「ストックホルム症候群」なのだろう。脱税で有名な自称脳科学者の茂木健一郎センセイが本当にやるべきことは、小賢しく『「ほら、こっちだよ」と胸を張って堂々と指し示すことができる、新天地をつくること。見せること。』なんかではなくて、脱税で有名な自称脳科学者の茂木健一郎センセイ自身が『ストックホルム症候群にかかっていることに気付き、解放されること。』なんじゃないかな。モノが見えているはずの人が、ミンス痘を賛美するのがどうにも解せない。ミンス痘の力をもってすれば、脱税がOKな新天地が開かれるなんてお花畑が茂木センセの脳に広がっているとは思えんのだが。ま、買いかぶりかな。
脱税で有名な自称脳科学者の茂木健一郎センセイが指し示す方向にうっかり乗っかったりしたら、脱税の片棒を担がされかねんからな。くわばら、くわばら。