じゃあ、解散総選挙だろ


衆院予算委員会は31日午後、菅首相と全閣僚が出席して2011年度
予算案の基本的質疑を行い、実質審議入りした。

 野党各党も出席し、国会は正常化した。首相は予算案について
「『国民の生活が第一』という基本に立って作った。一日も早く
関連法案とともに成立させてほしい」と訴え、年度内成立を強く求めた。
野田財務相は関連法案のうち赤字国債を発行するための特例公債法案が
成立しなかった場合の悪影響について、「経済が失速しかねない。
国民生活にも年金や医療、介護に支障が出かねない」と訴えた。

また、首相は社会保障と税の一体改革で国民に負担を求めることを念頭に、
「国会議員の定数を削減し、(議員が)身を削る姿勢を示す必要がある」
と述べ、国会で定数削減の議論を始めるよう要請した。
(読売新聞)

捻れているから、そして衆議院も2/3以上確保できないから、予算が通らないんでしょ?
じゃあ、その状態をなくせばいいんだよね?
国民の生活が第一』って本当に思うんなら、解散総選挙でしょ?
ミンス痘のお陰で、国民は「やっぱり馬鹿サヨクは、口先だけだ。」って学べたことが最大の功績だよ?
今、選挙すれば、捻れは解消できるよ?
新しい政権が、整斉と予算を通すと思うよ?
国民の生活が第一』なら、できるよね?