DQN


スノーボードハーフパイプ(HP)男子代表、国母和宏(21)
東海大=が、10日に行われた日本選手団入村式への参加を
自粛した。9日の日本出発時とカナダ入国時に、公式ウエアの
ズボンを下げるなど服装に乱れがあったためで、日本オリン
ピック委員会(JOC)、日本スキー連盟に複数の抗議があった。
同競技の萩原文和監督が国母を注意し、橋本聖子団長らとともに、
JOC幹部に報告、謝罪した。

市原則之・JOCバンクーバー本部長は「スポーツマンの常識と
いうものがある。本人はもちろん、指導者にも問題がある」と
厳しく指摘。スノーボード陣は、前回トリノ五輪でも服装や
態度の悪さが指摘されていた。

国母は同日行われた記者会見には出席し、服装の乱れに
ついては萩原監督に促されて「反省してまーす」。競技に
関しては「五輪だからといって特別な意識はない」と、
これまでと同じ言葉を繰り返し強気だった。(yahooニュース)

まあ、スノボのやつらなんて大口たたいて、トリノの時みたいに、ずっこけるんだろ(笑)。
しかし、これは、親の顔がみたいですな。親の躾がなっていないねえ。
キメるべきところはキメる、それが男ってもんだろ。
そういや、ドームとかメロとか今、何してんの(笑)。
しかし、国の恥ですねえ。