CRTモニター最後の日

先日壊れた17インチ、カミさんのパソコンで使っていた15インチ、2台のCRTをPCDEPOTに持っていった。
1台100円で引き取ってくれた。処分すると4,000円ぐらいかかるらしいので、まぁ、4,100円ずつ儲かったと思えば、むしろPCDEPOTには恩義すら感じた。
まぁ、恩義に報いるべく、カミさんのパソコンの液晶モニタはここで買おうと売り場を見に行ったら、(値段は)高いわ、(品揃えは)しょぼいわで、結局、レジで200円だけ受け取って退散。
ドスパラヤマダ電機が隣接している日野のエリアに行き、ヤマダ電機ドスパラの順に回った。
もともとがダイクマだった、ここのヤマダ電機は、パソコンのモニタについては使い物にならないことが判明。
そそくさとドスパラへ。
おお!この(狭い)店舗面積にして、(ヨドバシに次ぐ)充実の品揃え!値段も(この地域にしては)十分納得性が高い!
最初から、ここにしとけばよかったわけで。
結局、18.1インチのバッファローの特価品9.980円のものにした。
購入の際、店員さんが懇切丁寧な説明をしてくれた。主旨は「ワイド画面のモニタなので、古いパソコンだと、グラフィックボードが対応していない場合があります。」とのこと。
アスペクト比固定機能があることをその場で調べてくれ、大丈夫だと思うとのコメントがついたので、購入。
ペンティアム3の733Mhz、グラボはGeforce2 MXのカミさんのパソコン、用途は、ほぼネットのみ。
果たして、バッファローのモニタは、端っこに黒い帯が出ることもなく、15インチスクエアのCRTに比して、広く快適な画面をもたらしたのだった。