生活保護貴族


母子加算廃止の取り消しを
母親14人が府に審査請求

 生活保護を受けている1人親世帯への母子加算が今春廃止された
ことを受け、京都府内で母子加算を受け取っていた母親14人が
15日、「子どもの服も買えなくなり、生活が苦しくなった」などと
して、母子加算の廃止取り消しを求める審査請求を府に申し立てた。

 審査請求書によると、小学生の息子に野球クラブのユニホームが
買えなかったり、食事を節約するなどしており、母子加算廃止は
生存権を保障した憲法に反し違憲としている。

 支援している全京都生活と健康を守る会連合会によると、「母子
加算の廃止は子どもの貧困を通じて貧困の連鎖を広げる」として、
全国の約150人が各地で一斉に審査請求を行う。請求が認められ
ない場合は提訴を検討する。

 ■母子加算、今年4月から全廃
 母子加算生活保護制度では1人親の家庭に対し、子どもの養育に
かかる分を一律に加算し、月額約2万3000円が支給されていた。
厚労省は2005年度から、要件となる子どもの年齢を引き下げるなど
段階的に減額し、今年4月から全廃した。京都地裁など各地の地裁・高裁
で、母子加算廃止の違憲性を問う生存権訴訟が係争中。 (京都新聞

野球のユニフォームって生存権の範囲内なんですか・・・そうですか。
「全京都生活と健康を守る会連合会」とやらで面倒みてやればいいんじゃね?
人様のお金で生きているという自覚に乏しいですな。
食費の切り詰めとか、欲しいものを我慢するなんて、この不景気の中どこの家庭もやってることだと思うんですがね。
ある意味庶民感覚とかけ離れた貴族様ですね。