「落ちぶれる」という言葉の見本


加藤氏の地元で辞職要求「貴殿はそれでも日本人か」

 自民党加藤紘一元幹事長がテレビ番組で、北朝鮮から
帰国した拉致被害者について「北に返すべきだった」などと
発言した問題で、拉致問題に取り組む全国の地方議員らが
18日、加藤氏の地元・山形県内で議員辞職を求める活動を始めた。
問題となった発言自体を知らない有権者も多く、驚くとともに
加藤氏への不信感を高めていた。

 集まったのは全国約200人の都道府県市区町議員(超党派)で
つくる「拉致問題を考える草莽全国地方議員の会」のメンバー。
あいにくの雨の中、同日午前8時から、加藤氏の選挙区である
山形県鶴岡市酒田市のJR駅前やスーパー前などで街宣活動を行い、
議員辞職を要求するビラを配った。

 また、同日午前、加藤氏の地元事務所に抗議文を提出した。

 加藤氏の問題発言とは、今月7日の日本BS放送で、
「国家と国家の約束だから(拉致被害者5人を北に返した方が)
良かったと思う。日本政府は『返す』と約束していたが、安倍
(晋三前首相)さんを中心に『返すべきではない』となった」
などと語ったもの。

 直後から、拉致被害者家族らが「貴殿はそれでも日本人か」など
と猛烈に反発。地方議員の会でも「拉致被害者や家族会の心を傷つけた
だけでなく、拉致被害者救出活動への妨害工作だ」として、東京・渋谷の
ハチ公前や、永田町の自民党本部前で街宣活動を続けてきた。

 地方議員の会の世話人である東京・杉並区の松浦芳子区議(自民党)は
「東京でもそうですが、加藤氏の発言自体を知らない人が多く、私たちが
説明すると、『ウソでしょ』『信じられない』と驚き、辞職要求活動にも
賛同してくれる。反応はいい」と語る。

 加藤氏は自身のHPで釈明しているが、松浦氏は「釈明にも謝罪にも
なっていない。加藤氏は『日朝国交正常化推進議員連盟』の顧問に就任
したが、(北寄りの発言をする)確信犯なのでしょう」とあきれている。
(夕刊フジ

何年か前、羽田空港のトイレですれ違った加藤紘一
加藤の乱」の数年後のことでもあり、SPなどもおらず、髪を振り乱してトイレに駆け込んできた「普通のおっさん」が、たまたま自民党の元幹事長だったことに気付くのに、数秒の時間を要した。
しかし、一時は首相就任を待望された人間がここまで落ちるとはね・・・。
この人が失脚したことは、国益にとってはプラスだったんだなぁ、と改めて認識。
まぁ、今更な感じですね、「過去の人」だしね。
右翼に家を燃やされてたりもしてたよなぁ。
そういえば、加藤紘一と東大出身つながりで、偽メールの永田寿康くん、元気かなぁ。
あと、国益って点でいけば、中国と半島の顔色を伺ってばかりの、福田さんとかいう人、あの人もどこの国の政治家なんだろうね。
・・・まぁ、それでも、ミンス痘や狂産痘に投票するって選択肢はありえないけど。