ich解約(毎日新聞社への抗議活動、小さなことからコツコツと)


毎日新聞社:「WaiWai」問題で処分

 毎日新聞社は27日、英文サイト「毎日デイリーニューズ
上のコラム「WaiWai」に不適切な記事が掲載された問題で、
コラムを担当していた英文毎日編集部記者を懲戒休職3カ月にした。
また、監督責任を問い高橋弘司英文毎日編集部長を役職停止2カ月、
当時のデジタルメディア局次長の磯野彰彦デジタルメディア局長を
役職停止1カ月の懲戒処分とした。このほか、当時のデジタル
メディア局長の長谷川篤取締役デジタルメディア担当が役員報酬
20%(1カ月)、当時の常務デジタルメディア担当の朝比奈豊社長
役員報酬10%(1カ月)を返上する処分とした。

 本社は、担当記者が国内の雑誌に掲載された風俗記事を
英文サイトに引用する際、不適切な描写のまま英文に翻訳した結果、
多くの読者に不快感を与え、インターネット上で批判を受けるなど
信頼を損なったと判断した。
上司については、記事のチェックを怠るなどの監督責任を問うた。
WaiWaiは今月21日に閉鎖している。

 長谷川篤取締役デジタルメディア担当の話 読者の皆様の信頼を
損ない、誠に申し訳ありませんでした。今回の問題を真摯(しんし)に
反省し、信頼されるウェブサイトの編集、制作に全力を挙げます。
(以下略)(毎日新聞


毎日新聞、HENTAI記事の責任者が揃って昇格。処分は一体どこに?

25日、毎日新聞社株主総会が開かれ、役員人事が無事に可決された。
デジタルメディア担当だった朝比奈豊氏は社長に就任し、デジタル
メディア局長だった長谷川篤氏は取締役となった。
毎日新聞のお詫びって一体何なのだろう?

 私の目が雲っていなければ、毎日新聞はお詫びと告知をしたはずだ。
監督責任者であるデジタルメディア局長、同コーナーの担当部長、
担当編集者を厳重に処分します。」と書いてある。厳重な処分とは
昇格のことを言うのだろうか。

 低俗なHENTAI記事の責任者である担当が社長、局長が取締役である。
社長就任の初の仕事が自身への訓告にでもなるのだろうか?
新聞社のお詫びというのがサッパリ分からない。

 長年にわたって日本の悪評をバラ撒いてきたことは事実であり、
それに対してお詫びをすると言った。それがこの対応。
普段政府や企業が失態を犯した時は、鬼の首を取ったように
追い込みをかけるくせに、いざ自分たちのこととなると甘甘である。
これでは普段批判している政府と同じではないか。
処分とやらを公表して欲しいものである。(デジタルマガジン)

 低俗なHENTAI記事とやらは2chなどをご参照。さすがに、ここに載せるのは憚られる類の醜悪なものです。これを週刊新潮などの5流週刊誌あたりが垂れ流していたというのなら、笑い話で済む筈なんですが、新聞社とは・・・。日本には既にチョウニチ新聞という半島・大陸系メディアが跳梁跋扈しているというのに、侮日新聞も存在するとは、頭が痛いですね。
 少しでも、毎日新聞に抗議の意思を示せればと、DOCOMOのichを解約しました。配信元が毎日でしたので。毎日の広告主への不買も、できるところから始めていこうと思います。まずは、「東北熊襲発言」でも有名なサントリーからでしょうか。プレミアムモルツは好きでしたけど、もう、飲みません。金麦もね。
チョウニチ−テレ朝、侮日−TBSは、日本から出て行けばいいんじゃないかと思うわけですよ。
まとめサイトは、以下ご参照
まとめサイトhttp://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/pages/1.html
まとめサイトhttp://www9.atwiki.jp/mainichiwaiwai/