捏造新聞の分際で


鳩山法相「死に神」表現に怒り爆発



 「苦しんだ揚げ句に死刑を執行した。彼らは
死に神』に連れて行かれたのか」。鳩山邦夫法相
は20日の閣議後会見で、13人の死刑執行を命令
したことを朝日新聞が「死に神」と表現したことに対し
「軽率な文章には心から抗議したい」と怒りをあらわにした。

 朝日新聞18日付夕刊の「素粒子」欄は、鳩山法相
について「二カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。
またの名、死に神」などと記載した。

 これに対して鳩山法相は「極刑を実施するんだから、
心境は穏やかでないが、どんなにつらくても社会正義の
ためにやむを得ないと思ってきた」と語り、「(死刑囚
にも)人権も人格もある。司法の慎重な判断、法律の規定が
あり、苦しんだ揚げ句に執行した。彼らは死に神に連れて
行かれたのか」とマイクが置かれた台をたたいて声を荒らげた。

 さらに「私に対する侮辱は一向に構わないが、執行された
人への侮辱でもあると思う。軽率な文章が世の中を悪く
していると思う」と語った。(ニッカンスポーツ)

サンゴ事件に代表される捏造体質、真実を伝える「仕事」を疎かにしている朝日新聞が、法務大臣としての職務に精励している鳩山法相に批判的なことを書くとは・・・。
やっぱ、チョウニチ新聞は、違う国の機関紙のようですね。