キャファティ氏GJ!


2008年4月15日、中国外交部の姜瑜(ジアン・ユー)報道官は
記者会見で、米CNNキャスターのジャック・キャファティ氏に
よる対中非難発言に対し、撤回と謝罪を要求するとコメントした。
中国新聞ネットが伝えた。

姜報道官は、北京五輪聖火リレーがサンフランシスコを通過する
模様をCNNが中継した際、キャファティ氏が「中国製品はゴミ」
「中国人は過去50年間、暴徒と強盗の集団だった」と述べたこと
に対し、「中国側は驚愕と強い抗議の意を表す」とコメントした。

続けて、「キャファティ氏はキャスターとしての職業道徳と人
としての良識に背き、マイクを通じて中国人を敵視する発言をした」
と指摘、「世界中の中国人や正義を守る人々は非常に憤慨しており、
CNNとキャファティ氏に対し、発言の撤回と謝罪を要求する」と述べた。
(翻訳・編集/NN)(Record China)

さすがジャーナリスト。事実を正確に表現するものだと感心。
チョウニチ新聞(あ、あさ○って読むんだっけ?)の似非ジャーナリスト宣言とは次元が違うな。
シナ涙目(笑)。キャファティ氏GJ!
情報統制、報道管制のシナの抗議を受けることで、キャファティ氏の正当性が裏打ちされたようなものですな、愉快愉快。