かつくら

しおさい公園のあと、東戸塚まで一気に戻りかつくらで食事をとった。
とろそうな眼鏡っ子のバイトがいたが、漫画に出てくるドジな眼鏡っ子そのものでびっくり。
とにかくオドオドしていて、まったく愛想がなく、動きもスロー再生レベル。
ホールの仕切りのおばちゃんに同情してしまった。
そもそも、通されたテーブルにキャベツが散らばりっぱなしで、ゴマ粒が少々転がっていた有様だったときから嫌な予感はしていたのだが、倅用に頼んだ取り皿も忘れるし、キャベツのおかわりも気付かないし、目の前でご飯のお櫃が空になっても知らんぷり。
我々に対しての応対だけが特に酷かったということではなく、満遍なく仕事が片付いていかない様子で、あまりのことに厨房から調理をするお兄ちゃんが応援にホールに出てきたり、同じく厨房のお姉さんが食後のテーブルの片付けに出てきている始末。
K君一人にに振り回されるうちの職場を見るようで、怒りよりも同情心が沸々と湧いてくるのに我ながらびっくりした昼下がりの出来事。