FREE TIBET!





 【ベルリン22日共同】23日付のドイツ紙
ビルト日曜版によると、欧州連合(EU)欧州議会
ペテリング議長は同紙との会見で、中国チベット自治区
での暴動鎮圧を受けてEU各国は夏の北京五輪ボイコットを
検討すべきだとの考えを表明した。ドイツのシュタイン
マイヤー外相も開会式ボイコットの可能性を否定しなかった。

 ペテリング議長は「中国政府はチベット仏教最高
指導者ダライ・ラマ14世と即刻話し合うべきだ」
とした上で、もし中国側に妥協の姿勢が見えなければ
「ボイコットという対応は正当化される」と述べた。

 シュタインマイヤー外相は22日付の同紙との
会見で、1936年のベルリン五輪ヒトラー
ナチス宣伝に利用され、ユダヤ人虐殺が裏で進められた
ことに言及した上で、中国がテレビ向けに派手な大会を
演出する一方で、チベットで隠れて弾圧を行うことは
現代では不可能だと指摘した。(東京新聞

ドイツ人の骨のあること。
福田ポチの腑抜けなこと。旧日本軍が蛮行を行った歴史的反省に鑑み、中国によるチベットへの蛮行を看過できないとかサラッと言って、ボイコット匂わせるぐらいのことしてみせろよ。でも、南京大虐殺っていう捏造は認めることはできないっていうのも忘れるなよ(笑)。
もう、オリンピックをボイコットして、民主国家だけのサマーゲームズでも開催したら?
シナなんかじゃなくて、どこか空気のきれいな、食事も安心な国で。