生協ってやつも・・・


生協お粗末!今度は赤飯の製造年月日誤る(日刊ゲンダイ)

 中国製毒入りギョーザ「CO・OP手作り餃子」を
販売していた日本生活協同組合連合会(生協)が、
レトルト赤飯の製造年月日を偽装していたことが16日、
新たに発覚した。生協では、「ブラジル産豆使用」と
表示した缶コーヒーが、実際はインドネシア産豆100%だった
ことも分かっており、ズサンな食の管理体制が指摘されている。

 問題の赤飯は、東京都世田谷区の組合員に配達された
「CO―OPおいしい赤飯」。製造年月日は「08年1月
13日午後3時53分」と印字されていたが、包装の段ボール
への箱詰め時刻は「08年1月13日午後3時48分」となっていた。
これだと、梱包後に赤飯が製造されたことになる。

 このミスの苦情に対し、生協のサービスセンターは
「そんなことはありえない」と笑い飛ばしていたという。
だが、東京中日スポーツが確認すると、「指摘通り。
工場の時計がズレていた」と釈明している。
どうもこの会社はズボラなようだ。

まぁ、なんでも狂産党の息のかかったところは信用ならんと言うことですな。
コミュニストなんてのは、ゴミですな。
中国も日本も狂産党ってのは碌なことをしませんわな。