11年使ったサービス

@niftyになる前のniftyのころから11年、私にとって自宅のネット接続はずっとニフティだった。あの頃は、パソコン通信の時代からインターネットが普及し始めた頃だったように思う。
1996年の当時は、通信速度が28.8Kbps。電話回線で「ピー、ガガガ・・・」と音が入り、ダイヤルアップで繋いでいたのだ。混雑するとアクセスポイントに電話がかからなかったりしたものだ。
その後、56Kbpsになったときには、「おお!早い!」と感動したことも懐かしい。
次に訪れたISDNの128Kbpsのサービスは、結局利用せずじまいだったな。
時代は流れ、ADSLが開通したときの驚き。「1.5Mbpsって早いなぁ!」てなものだった。実際には700Kbpsぐらいなものだったが。
私のネット生活の全てにプロバイダーとしてのニフティが介在していた。
そして今日、一旦、ニフティの接続サービスを利用しないことにした。
他のサービスに乗り換えたからだ。
来月からはニフティの利用は、「お手軽1コース」というメアドを維持するための目的のみの利用となる。月額262円だそうな。
まぁ、転勤でまた環境が変われば、新たにニフティの接続サービスを再利用するかもしれんし、とりあえずニフティとの縁を完全に切る気持ちはない。
さしあたり、乗り換えたキャリアの快適さに喜んではいるのだが。