弘明寺での発見

昼食のために、家族3人揃って出掛けた。
「王様のブランチ」でハンバーガー特集をやってたことから、ハンバーガー気分だったので、弘明寺のモスに行こうかということになった。
弘明寺商店街に到着してみると、和食、洋食、中華にフレンチといろいろな店があり、わざわざモスに行くのは勿体無い気分になった。
ややあって、焼き鳥屋なのにうなぎの幟が立ってるという、横浜に来たときにかなり違和感を覚えた店に入ってみた。
勿論、うなぎを食べるためである。
正直、期待してなかった。
「所詮、門外漢が、焼き鳥もうなぎも焼くことは同じとばかりに調子に乗ってるだけで、そんなものが商売として成り立つとは、東夷はやはり味を知らんな。」と思っていたのである。
結論としては、十分、食べるに値した。
しかも、地焼き。関東なのに。
まぁ、焼き鳥は蒸さないもんなぁ。
お吸い物がケミカルな永○園系のものであるのは、ご愛嬌として、うなぎは、むしろおいしかった。
勿論、うなぎ職人さんのそれとは、「越えられない壁」が存在することが否めないが、アンギラ種でないうなぎを、リーズナブルなお値段で出しており、きちんとうなぎを食った気分になれるのだ。
因みに、1歳3ヶ月になった倅も気に入った様子で、カミさんから差し出されるうなぎをガツガツ食べていた(笑)。
ちょっと、いい発見だったと思う。